競馬で勝つためにはレース結果を予想する時に役立つ情報をどれだけ集められるかが重要となります。

競馬の予想方法に正解はないので、1つの要素だけで予想しても当たる時は当たりますが、出来るだけ武器(情報量)は多い方が良いでしょう。

今回は、競馬で勝つために必要な情報について簡単にまとめてみました。

競馬で勝つためにはなぜ情報が必要なのか?

公営ギャンブルの中で競馬は特に当てるのが難しいと言われています。

1レースに出走する馬の数が、少なくても8頭前後~最大で18頭となっています。

競艇の最大6挺、競輪の最大9名と比べると1着を当てるだけでも難しい事が理解出来ると思います。

特に、G1等の注目度の高いレースは出走頭数が最大の18頭近くになる事も珍しくありません。

18頭の中から適当に選んだ馬が1~3着に入賞する確率はかなり低いといえるでしょう。

しかし、競馬の馬には血統や適正距離といった個性があります。

血統の良さや適正距離、騎乗するジョッキーといった情報を駆使する事で馬券が当たる可能性を上げる事が出来ます。

レースを見て楽しみたいのではなく「競馬で勝ちたい」と考えている場合は、情報収集が必須となります。

勝つために必要となる情報とは?

1レースに絞っても得られる情報は数多くあります。競馬初心者の時にどこを見れば良いのか分からなかったという経験を持っている人も多いと思います。

競馬のレースを予想する時には、数多くある情報の中から「自分の予想に必要な情報のみ」を集める事が大切となります。

数多くある情報の中で多くの人が重要視しているのが「血統」「過去の成績」「馬場状態」の3つです。

しかし、他の人が重要視していない情報でも自分にとっては重要だったり、逆のパターンも珍しくありません。

自分に取って必要な情報を選別するにはレース結果を予想してドンドン経験を積む事が近道です。

毎レース馬券を購入する必要はなく、馬券を購入したつもりで予想する(エア予想)だけでも経験を積んでいけるのであまり負けたくないという人は、エア予想から始めるのもアリです。

競馬は血統が重要になるギャンブル

競馬は、レースで好成績を残している馬の子供も好成績を出しやすいといった特徴があります。

現在、競馬界で活躍している競走馬の多くは、競馬史の中でも最強馬として有名なディープインパクトの子供だったりします。

もちろん、ディープインパクト以外でもキングカメハメハやハーツクライ等のG1馬の子供もしっかりと好成績を残しています。

また、相性の良い競馬場や適正距離も親に影響されると言われています。

レースに出走する各馬の親を調べる事である程度、上位に来る馬を絞る事も可能となっています。

馬の血統を重視する人が多い事から、JRAの公式ホームページの出走表だけではなく、各スポーツ新聞や競馬予想サイトの出走表にもしっかりと親の名前が記載されています。

過去の成績で得られる情報とは?

競馬の出走表には必ずと言っていい程、過去の成績が記載されています。

過去の成績には、レース名・競馬場名・コースの種類・距離・騎乗したジョッキー・人気・着順
等の情報が記載されています。

過去出走した事がある競馬場や同じ距離のレースであれば、得意不得意を判断する事が出来ます。

また、競馬は過去のレースで勝負した馬と再び同じレースで戦う事も珍しくありません。

過去のレースと全く同じ結果になる事はありませんが、当時どちらの馬が強かったのかという大まかな判断をする事は可能です。

馬場状態で荒れるレースか見極められる?

意外と多くの競馬ファンが注目している情報が「馬場状態」です。

初心者の人は「馬場状態なんてレース結果に影響しない」と考えてしまいがちですが、馬場状態はレース展開やレースタイムにかなり影響が出てきます。

芝コースの場合、コースの水分量が少なくなるとタイムが速くなりやすく、逆にダートの場合は水分量が増えるとタイムが速くなりやすい傾向があります。

各競馬場では水分量によって「良」「稍重」「重」「不良」と4種類に分けて馬場状態を発表しています。

芝・ダートを問わず、不良馬場になるとコース中に水溜まりが出来たりとかなり走りにくい状態になるのでレース結果が荒れやすくなります。

また、メインレースが行われる1日の終盤にはコース内側がボコボコになっている事も多々あります。

ゴール直前のホームストレートでは、コース外側を走るよりも内側を走った方が有利だからです。

しかし、重馬場や不良馬場といった水分量が多い場合は、内側の芝がボロボロになり普段より格段に走りにくくなります。

ゴールストレートで大外から来た馬が一気に伸びて1着を取ったレースの勝因が走っていたコースの馬場状態だという事も珍しくありません。

レース本番の馬場状態も競馬予想には欠かせない情報の1つです。

基本的な情報はJRA公式ホームページで集める事が出来る

競馬の予想に必要だと言われている情報の多くは、JRAの公式ホームページの出走表で調べる事が出来ます。

しかし、JRAの出走表は前日までの情報となるといった点に注意が必要です。

レース直前の馬のコンディションを調べる場合は、パドックを見る必要があります。

それでもJRAの出走表だけでもかなりの情報が集められるので、前日の夜から当日のパドック前まではJRAの出走表をしっかりと活用してレース結果を予想をしましょう。

競馬(スポーツ)新聞

レース前日や当日の朝に販売されている競馬・スポーツ新聞も大切な情報源です。

JRAとほぼ同じ内容の出走表が記載されている事に加えて、各新聞の競馬専門記者の見解や予想を知る事が出来ます。

自分の目で見る事が難しい調教中の馬の状態や調教タイムといった細かな情報を載せている新聞もあったりとJRAの出走表より得られる情報量が多いという魅力があります。

新聞によって価格は異なりますが、そこまで高い価格ではないので出来るだけ多くの情報が欲しいという時に便利な情報源となっています。

有料サイトから情報を学ぶ

競馬の予想を個人で有料配信しているサイトやブログも数多くあります。

優良サイト・ブログであれば、買い目予想だけではなく「各馬の状態」や「予想した買い目が来る根拠」が記載されています。

しかし、中には適当に選んだ買い目を記載しているだけの悪質サイト・ブログもあるのでかなり注意が必要です。

人の予想に乗っかるのも競馬の楽しみ方の1つですが、ハズレた時のマイナス(負債)は自分に返ってきます。

お金を出して人の予想に乗っかる際はハズしても怒らない、後悔しない覚悟が必要です。

まとめ

競馬で勝つためには情報収集が基本となります。

自分にとって必要な情報を選別するまでには数多くの経験が必要となります。

また、競馬歴が長くなると必要とする情報が変わってきたりする事も珍しくありません。

いつ自分の予想方法に変化があっても良いように普段から出来るだけ多くの情報を集める癖をつけておくと良いでしょう。

また、情報の集め方も様々な情報があるのでスランプに陥った際はいつもと違う情報に頼ってみるのも意外と効果があるかもしれません。