競艇・ボートレースの予想を当てるには、知識や経験が必要だと勘違いしているビギナーが多くいます。

しかし、実際はちょっとしたポイントを把握するだけでビギナーでも的中率や回収率を向上させる事が可能です。

今回は、競艇ビギナーが勝つ方法を紹介します。

荒れにくいレース場を選ぶ

ビギナーが競艇・ボートレースで勝つには「レース場選び」が重要となります。

戸田・江戸川・平和島といった荒れやすいと言われているレース場は避けましょう。

江戸川は、強風が吹きやすいだけではなく、河川レース場で潮の流れも予想に含まれる等、競艇歴が長い人でも予想が難しいと言われているのでビギナーがバシバシ当てるのはかなり困難となっています。

知識・経験の少ないビギナーは、大村・芦屋・徳山といったインコースが勝ちやすいレース場を選んだ方が無難です。

1号艇が1着になりやすいレースが多いので予想がしやすくなる事から自然と的中率・回収率が多少安定します。

また、競艇を始めて数ヶ月が経っていて基本的にインターネットで舟券を購入しているという場合は、公式サイトの個人データを調べて自分と相性の良いレース場を見つけるのもアリです。

個人データは、ボートレース公式サイトの「テレボート」の「的中結果」から簡単に見る事が出来るのでオススメです。

1号艇に強い選手がいるレースに絞る

レース場選びと同様に重要となるのが「レース選び」です。

目に付いたレースの舟券を全て購入しているだけでは勝つ事が出来ません。

競艇ビギナーが勝つには「予想しやすいレース」に絞った舟券購入が必須です。

勝負をするレース場が決まった後は、出走表をしっかりと確認しましょう。各レースに出場する選手の腕(ランク・全国・当地勝率)に注目しましょう。

各レーサーにはランクがあり「A1>A2>B1>B2」という順番で強さが分けられています。また、同じランクでも選手によって技術力の高さは異なるので「勝率」を同じランクでもどちらが上手なのかしっかりと確認しましょう。

また、「特定のレース場だけ異様に得意」という選手もいるので「当地勝率」も見落とさないようにします。

全国勝率より当地勝率が高い選手は、そのレース場を得意としている可能性が高くなっています。

インコースが強いレース場で、インコースに強いA級選手、または当地勝率が高い選手がいるレースは1着が予想しやすくなるので的中率が上がります。

さらに、1着を1挺に絞るという事は購入点数を抑える事にも繋がります。

万が一、舟券がハズレた場合でも購入点数・金額が少ないので1レースで大きなマイナスになる事を防ぐ事も出来ます。

勝つを目指すなら最終日と優勝戦が良い?

競艇はレースをしながら選手がモーターやプロペラを整備していくといった特徴があります。

調整の早さ・上手さは選手によって大幅に異なります。

モーターとプロペラを渡されてすぐレースをする初日は、自分好みの調整が出来ていなかったりモーターの癖を見抜けていかったりするので荒れやすい傾向があります。

しかし、最終日にはしっかりとモーターとプロペラを仕上げている選手が多くなるので、インコース決着が増えます。

さらに、優勝戦の1号艇はその節間で最も調子が良い選手が良いモーターを持って出走している事がほとんどで、各レース場でも優勝戦の1号艇1着率はかなり高くなっています。

競艇ファンの中には、勝つために優勝戦しか舟券を購入しないという人も存在します。

出来るだけ的中率・回収率を下げたくないと考えている場合は、優勝戦のみの舟券購入もアリです。

3連単だけではなく2連単も活用していく

競艇は、3連単が最も売上が高くなっています。1レースで最大6挺しか出走しないので3連単でも当たる確率が1/120となっているからです。

しかし、3連単舟券はどうしても「購入点数が増える」といった特徴があるので、ビギナーには難しいレースになると購入点数が20点近くになる事も珍しくありません。

そんな時に便利なのが「2連単」です。的中時の払戻金は、3連単より低いですが1着と2着を当たるだけなので点数をグッと減らせるといったメリットがあります。

3連単の購入点数が多くなってしまうレースは「予想が難しいので当たる確率も低い」という事でもあります。

無理に3連単を購入してマイナスを増やすより2連単で購入点数を減らして外した時のダメージを軽減するのも勝つためには必要です。

2連単も点数を絞ればしっかりとプラスになるので臨機応変に購入舟券を変えるという事を頭の片隅を置いておきましょう。

適切な購入点数の目安とは?

舟券の購入点数は、少なすぎると当たりにくくなり、多すぎると当たった時のプラスが少なくなります。

今回紹介しているビギナーの勝つ方法は「本命狙い」となるので購入点数を増やし過ぎない事が重要です。

本命狙いの3連単オッズは、10倍前後となる事がほとんどなので6~10点以内に抑えた方が無難です。

ガチガチの人気決着になると予想した場合は、さらに購入点数を4点に抑えるのも効果的です。

10点購入する際は、全てのオッズが10倍を超えている場合のみにしておいた方が無難です。

一方、2連単は購入点数の目安はもっと減ります。1号艇のみを1着固定にする場合のオッズは、3~5倍がほとんどです。

多くても3点以内にしないとハズレた際のリカバリーが難しくなっていくので注意してください。

自信がない時は舟券を購入しない

ここまでは「舟券の購入する際の勝つ方法」を紹介しました。しかし、必ず毎レース舟券を購入する必要はありません。

3連単・2連単を問わず入賞しそうな挺が絞れないという場合は、舟券の購入を諦めます。

自信がなかったり迷いがあるまま購入した舟券がハズレてしまうと的中率・回収率が下がってしまうからです。

自信がないのであれば無理に舟券を購入する事なく、その軍資金を別の自信があるレースに使った方が的中率も回収率も向上します。
また、舟券購入を見送るレースもしっかりと予想をしましょう。

実際に舟券を購入すると仮定して着順を予想していく事で経験値を積んでいく事が出来ます。

競艇ビギナーは、長年の競艇ファンと比べると圧倒的に経験値が足りません。

舟券を購入しないレースでも予想をしてしっかりと経験値を積むようにしていきましょう。

まとめ

難しいように感じる競艇・ボートレースの予想ですが、ビギナーでもちょっとした勝つ方法を把握していれば大きく負ける事もなく的中率・回収率を安定させられます。

今回紹介した勝つ方法は、誰でも簡単に実践出来るので気になったというビギナーの方は舟券購入の参考にしてみてはいかがでしょうか。