埼玉県にある戸田競艇場は、全24場で最もインが弱い事で有名なレース場です。

単純にインが弱いだけではなく、しっかりとした理由があります。

また、インの弱さだけではなく、他のコースにも様々な特徴が見つかりました。

今回は、戸田競艇場の特徴に加えて、予想方法のポイントや戸田競艇場と相性の良いおすすめの選手も紹介します。

インが弱い特徴の理由は競走水面の面積の小ささが原因?

戸田競艇場の水質は、淡水で1年を通して穏やかな水面だと言われています。

戸田のインが弱い理由は、水質ではなく「狭いコース」が原因だと考えれています。

水面の横幅が約107mと全24場あるレース場の中で最も狭くなっています。

また、スタートライン上のコース幅は50mありますが、1マーク付近のコース幅は37mとスタートから1マークに進むにつれて狭くなっていきます。

1コースでスタートした選手は、1マークに行くまでに右に斜行する必要があります。

1コースは、少しでもスタートが遅れると1マーク付近で窮屈になり、他の艇に沈められてしまいます。

一方、他のコースは1コース程、右に斜行する必要がなく真っ直ぐに1マークを目指せる事から、他のレース場よりまくりが決めやすいといった特徴があります。

無風状態も多く、風は比較的穏やか

戸田競艇場は、イン勝率が低く荒れやすい事から、強風が吹いていると勘違いしている人も多くいます。

しかし、実際の水面は穏やかで全レースの30%は無風状態と言われています。

また、向かい風はセンター勢が有利になり、追い風は内側の艇が有利になるといったオーソドックスな物となっています。

風による決まり手の変化はあまりなく、逃げ以外ではまくりが決まりやすい傾向があります。

決まり手はまくりが最多で差しは少ない

決まり手の特徴として「センター勢のまくり」が多くなっています。

1コースの逃げ出現率は「40.7%」と全国最下位です。全国平均の「53.1%」と比較すると戸田競艇場のインがどれだけ弱いか理解出来ると思います。

逃げだけではなく、「差し」の出現率もあまり高くありません。

コースレイアウト上、1周目1マークは全ての艇が殺到して窮屈になり差すスペースがほとんどないからです。

差しが増加するのは、1コースのターンが流れやすい追い風が吹いている時のみです。

一方、まくりの出現率は全国1位を記録しています。

出現率「25.4%」は、2位の福岡「18.6%」とかなりの差があります。

戸田競艇場でまくりが多いのが、3・4コースのセンター勢です。先程、解説した通り、内側のコースは1マークに向かう際に右に斜行する必要があります。

しかし、センター勢の3・4コースは、斜行する事なく真っ直ぐに向かう事が可能です。

内側の艇と比べると1マークまでの距離が短い事から、まくりが決まりやすくなっています。

センター勢は、トップタイミングでスタートをする事が出来ればまくりのチャンスとなります。

逃げ・差しの低さとまくりの決まりやすさが特徴的な戸田競艇場ですが、抜きの出現率は「7.6%」で全国平均「7.2%」より若干高く抜きも意外と多く決まっています。

淡水で硬い水質で引き波が残りやすく旋回時に引き波に乗ってしまうと大幅に失速してしまいます。

1マークよりも広々としている2マークで引き波に乗る事を嫌がって、少し大きめに旋回した艇が引き波に乗った艇を抜くケースが戸田競艇場では多くなっています。

コース別1着率は1コース以外が全国上位

コース別1着率を全国のレース場と比較してみると1コースのみが全国下位となります。

1コースは、毎年戸田・江戸川・平和島の3場で最下位争いをしています。

逆に、2~6コースの1着率は全国上位です。

特に、3・4コースは毎年1位争いをしている程、1着率が高くなっています。

また、競艇では不利と言われている5・6コースの1着率も全国上位です。

5・6コースに関しては、1着率だけではなく2着3着といった連対率も全国上位を獲得しています。

コース別1着率だけを見ると1コース1着舟券の購入を躊躇うレベルです。

1コースの1着率は全国下位ですが、連対率を見ると他のレース場より高い傾向があります。

3着率だけを見ると全国トップクラスなので、単純に1コースを舟券から外す事が出来なくなっています。

戸田競艇場の企画番組は2つのみ

戸田競艇場でも他のレース場と同様に企画・シード番組を組んでいます。

  • 2R ウインウイン2→4号艇にA級選手
  • 7R ウインウイン7→1号艇にA級選手

2Rでは4号艇のまくりを軸にして、7Rでは1号艇の逃げを軸にしやすくなっている番組です。

他のレース場では、1号艇にA級選手を配置する企画番組が多くなっていますが、戸田競艇場では戸田の特徴を活かした番組が組まれています。

戸田競艇場の予想はスタートタイミングが重要

戸田競艇場のレース予想をする時に基本となるのが「スタートタイミング」です。

戸田競艇場では、スタートを早く決めた艇がそのまま1着になる可能性が高い傾向があります。

荒れやすい、1着率が低いといった理由だけで1号艇を切ってしまうと痛い目に遭ってしまうので注意してください。

条件が揃えば1号艇も買える

戸田競艇場で1号艇を買えない・買いたくないと考えている人も一定数存在します。

1コース1着率が40%程度なので、買いたくない気持ちも理解出来ます。

しかし、条件が揃えば1着を1号艇1艇に絞る事も可能です。

1つ目の条件が「戸田巧者」である事です。

他のレース場とは、コースレイアウトが大きく異なる事から全国勝率はそこまで信用する事が出来ないと考えています。

全国勝率よりも「当地勝率」を確認した方が的中率は安定しやすくなります。

当地勝率が全国勝率を下回っている1号艇は、信頼度が大きく下がります。

逆に、全国勝率を当地勝率が上回っていると戸田競艇場を得意としている可能性が高くなります。

しかし、B級選手や勝率「6.00」以下の選手の当地勝率は信用し過ぎないようにしましょう。

戸田競艇場で1号艇を1着予想する場合は、出来ればA1級、最低でもA2級選手の方が安心です。

2つ目の条件が「1コース1着率70%以上」です。

そもそも1コースの1着率が低いと戸田の1号艇ではなかなか勝てないからです。

B級選手の1号艇の購入を検討している場合は、必ず1コース1着率を確認するようにしてください。

3つ目の条件が「2コースが壁になってくれる」です。

戸田競艇場で、イン逃げを決める時には1号艇のスタートが遅れない事に加えて、2号艇が外側の艇をブロックする事が必須です。

コース幅が狭い戸田競艇場では、特に2号艇の壁が重要となっています。

2号艇の平均・節間スタートタイミングが外側の艇より遅い場合は、壁にならない可能性が高くなります。

2号艇が1号艇の壁になれるかどうかの判断として、2号艇の「逃がし率」を参考にしましょう。

最低でも「50%」以上がないと安心は出来ません。

1号艇以外の1着候補は基本センター勢だが風で決めた方が無難

1号艇が1着にならない場合を考える時に、最初の候補となるのがセンター勢の3・4コースです。

各コースの状況別1着率を比較すると、

  • 無風→2・4コース
  • 向かい風→3コース
  • 追い風→2・4コース

の1着率が高くなっています。

無風状態での1着率は、2・4コースがほぼ同じ数値となっています。

しかし、無風状態では2コースに差すスペースが生まれる可能性が低いので、本命は4コースになります。

無風のレースで2コースを1着に選ぶ場合は、1コースの選手の旋回技術が低い、またはモーターの回り足が極端に悪い時です。

また、2コースの選手が差しを得意としていて回り足や伸びが良い場合も2コースを候補に入れる事が出来ます。

しかし、無風の時は4コースの方が1着を獲る可能性が高くなっています。

先述した通り、4コースはスタートから1マークまで最短距離で行く事が出来るのでレースを有利に進める事が出来るからです。

4コースが本命にならない時は、4コースの選手のスタートが遅れる場合と、モーターの伸びが悪い時です。

無風であれば、基本的に4コースのまくり展開からレース結果を予想して問題ありません。

一方、向かい風が吹いている時は、3コースのまくり1着が最も可能性が高い傾向があります。

3コースは、強弱を問わず向かい風さえ吹けば1着を獲るチャンスが高まります。

3コースのまくり展開を予想して、「3-456」のスジ舟券を購入する人が多くいます。

しかし、3コースにまくられると1マークの旋回直前に判断した1・2コースが1マークを小回りして2着3着に残るケースも珍しくありません。

回収率を安定させるためには、3コースまくりでも2着3着に1・2コースを絡める必要があります。

追い風状態の時の2・4コースが狙い目

1着率だけを見ると無風状態と変わらないように見えますが、全く内容が異なります。

無風状態は、基本的に4コースが本命になりますが、追い風が吹いた時は2コースが本命になります。

その理由が「追い風によって差すスペースが生まれやすい」からです。

展示航走の時に1号艇の選手がターンでバタついていたり、乗りにくそうにしていると差すスペースが生まれる可能性が高くなります。

差すスペースさえ出来れば、2コースからしっかりと差しが届くので2コースからの1着を本命にする事が出来ます。

しかし、2コースは「スタートが遅れればセンター勢に攻められて着外になりやすい」といった点に注意が必要です。

全艇のスタートが揃う、2コースのスタートが遅れなければ問題がありませんが、少しでもスタートが遅れると外側からの攻めが入り差すスペースだけではなく普通に旋回するスペースも少なくなります。

その結果、他の艇に遅れを取り舟券に絡めなくなります。

追い風で2号艇を1着にする場合は、2号艇の選手のスタートタイミングを忘れず確認してください。

1コース以外が1着になっても思ったより払戻オッズが低い事が多い

大村・徳山・芦屋といったイン勝率が高いレース場は、1コースが1着以外になるだけで払戻オッズが跳ね上がります。

しかし、戸田競艇場は1コースが着外になったレースでも思ったより払戻オッズが高くないといった事が多々あります。

戸田競艇場で舟券を買っている人の多くが「荒れる」事を前提にレース予想をしているからです。

実際に払戻オッズを見てみると、1号艇以外の艇の1着時の払戻オッズが20~30倍で落ち着いている事も珍しくありません。

1号艇が1着にならないからといって買い目(購入点数)を広げ過ぎるとトリガミになる可能性が高くなるので、気を付けましょう。

戸田競艇場で舟券に絡みやすいのは「白井英治選手」と「仲谷颯仁選手」

イン勝率が低い戸田競艇場で安定した成績を残しているが山口支部所属「白井英治選手」と福岡支部所属「仲谷颯仁選手」の2名です。

戸田の勝率は、白井選手が「8.41」仲谷選手が「8.33」と3位以下を大きく引き離しています。

2選手とも「どのコースから1着を狙える高い技術力・判断力」を持っているといった共通点があります。

さらに、どちらも2コース差しと4コースまくりを得意としている等、戸田競艇場で勝つために必要な要素を持ち合わせています。

白井選手は、2019年11月開催のG3企業杯で10連勝のパーフェクト優勝を達成しています。

一方、仲谷選手も2017年のルーキーシリーズでオール2連対の優勝を達成しています。

2選手とも、ベテラン・ルーキーとして高い知名度があるので舟券が人気薄になる事は珍しいですが、戸田競艇場で出走している時は注目です。

地元埼玉支部では「桐生順平選手」が唯一、勝率ランキングに入っていて「8.02」と安定した成績を残しています。

まとめ

戸田競艇場のインが勝てない理由は、風ではなくコース幅が原因でした。

戸田競艇場の予想の時に重要となるのがスタートタイミングです。

コースを問わず、トップタイミングでスタートをする事が1着になるためには必須となります。

さらに、風向きによって本線・本命を変える事で的中率・回収率は安定します。

舟券を購入するファンだけではなく、選手にとっても攻略する事が難しいと言われている戸田競艇場ですが、白井選手や仲谷選手といった戸田競艇場と相性の良い選手も存在します。

今まで戸田競艇場を苦手としていた人は、今回の記事を参考にしたレース展開・舟券予想にチャレンジしてみてください。