大阪支部所属の選手のホームとなる住之江競艇場は、競艇・ボートレースの聖地と呼ばれています。

年末のSGグランプリの開催地となる事が多いといった特徴があります。

そんな住之江には、他のレース場にはない住之江ならではの特徴が多く存在します。

特徴を把握する事は、住之江の勝率アップに繋がります。

今回は、住之江競艇場の特徴と特徴を考慮した予想のポイントを紹介します。

インコースは強いけど特殊な構造のレース場

インコースが強い住之江競艇場の特徴として「硬い水質」を挙げる選手が多くいます。

他のレース場でも見られる淡水のプール型レース場ですが、住之江では「工業用水と雨水」を使用しています。

工業用水は、一般的な水よりも不純物が少なく硬いといった特徴があります。

「水質が硬くて乗りにくい」といった印象を持っている選手が多いようです。

スピードを出した時に、ボートが跳ねやすくなる事から、乗りやすさ・回りやすさを重視した整備・調整が基本となっています。

インに有利なコースレイアウトと波が残りやすい構造

住之江の公式ホームページに記載されている水面図を確認すると、1マークの振りがセンターポールから6mと振り幅が小さくなっている事に気付きます。

1マークとセンターポールの振り幅が小さいと、内側の艇がスタート後に斜行する事なく1マークに向かう事が出来るようになります。

他のレース場よりも、斜行する距離が短いのでインコースの選手は、余裕を持って1マークを旋回出来ます。

スタートが多少遅れてもしっかりと伸び返す事が出来れば、外側の艇にまくられにくいというインコース有利なコースレイアウトとなっています。

また、住之江はコンクリート護岸で囲まれています。

他のレース場と比べると競走水面に波が残りやすく、さらに波同士がぶつかる事で水面が荒れやすいといった特徴もあります。

一方、ピットから2マークまでの距離は120mと一般的なレース場より長くなっているので、進入が変わる可能性が若干高くなっています。

強風・横風が吹かない環境

住之江は、巨大スタンドがある事で西風がブロックされています。また、電光掲示板が防風ネットの代わりとなっている事から東風も吹きません。

季節によって、風向きは代わりますが、基本的には冬が追い風・春と夏が向かい風と覚えておくと良いでしょう。

強風のレースが1年で約5%と強風が吹きにくいレース場でもあります。

競艇でよく耳にする風のセオリーを使えるオーソドックスなレース場でもあり、追い風は、インコースの信頼度が上がり、2コース差しが有利です。

向かい風は、インコースの信頼度が下がり、センター勢のまくりが有利となります。

住之江の決まり手出現率は逃げの一強

2020年の各レース場の決まり手出現率を見ると、住之江は「逃げの一強」となっていました。

逃げの出現率は「59.4%」で全国平均「53.1%」を大きく上回り全国順位も4位とかなりの好成績を残していました。

一方、逃げ以外の差し・まくり・まくり差しといった他の決まり手の出現率は、全て全国平均以下です。

特に、まくり差しの出現率が「8.1%」と低く、全国順位22位と福岡・徳山と最下位争いをしています。

まくり差しが少ない理由として、イン有利なコースレイアウトと硬い水質で全速旋回する事が難しいといった2点が考えられます。

コース別の決まり手ランキングを見ても、6コース以外は平均を大きく下回っています。

住之江でレース展開を予想する時は、まくり差しが決まる事は除外しても良いかもしれません。

コース別1着率にも特徴あり

コース別1着率にも住之江ならではの特徴がありました。

逃げ出現率が高いので1コース1着率はもちろん高く、全国平均「56.5%」を上回る「61.5%」で全国5位でした。

2コース1着率は、ギリギリ全国平均を上回る程度で3コースより外側のコースの1着率は全国平均以下です。

その中でも、5コースの1着率が「3.6%」で全国最下位となっています。

住之江の5コースは、後述するオレンジモーターや5コース勝率の高い選手が乗っている時以外は、1着候補から外して問題なさそうです。

1コース以外の1着率は、全国平均よりも低い住之江ですが、2・3コースの2着率と2・4コースの3着率は全国トップクラスだという点は覚えておいて損はないでしょう。

住之江で開催されている企画番組は1つのみ

住之江でも、他のレース場で行われている企画(シード)番組を開催しています。

数は、他のレース場より少なく、5Rの「住之江ファイブ」の1レースのみとなっています。

企画内容は、1・6号艇にA級選手を配置して、その他は全てB級選手となります。

住之江はインが強いレース場なので、1着を1号艇のみに絞る事が出来ます。

それと同時に「6号艇のA級選手が舟券に絡めるかどうか」が需要となります。

A級選手であれば、6号艇でもそれなりに人気を集めますが、最もレースで不利となる6コースからどう攻めるかがポイントです。

6号艇を抜いたB級選手のみで舟券を固めるのか、6号艇を2着3着に絡めるのかで払戻オッズが大きく異なります。

1着に悩む必要がないので、競艇初心者でもそこそこの確率で舟券を当てる事が出来るサービスレースと言えるでしょう。

軸は基本1号艇!2着3着は風に合わせて変えていく

1コース1着率が全国4位の住之江では、基本的に1号艇が軸になります。

2着3着候補は、普通に考えると連対率の高い2・3コースが最有力となっています。

しかし、追い風・向かい風と吹いている風向きに合わせて有利なコースを2着に選んだ方が的中率・回収率は安定します。

1号艇を軸にする時に注意したいのが「風向き」です。

住之江は、向かい風が吹くと助走距離が短いスロースタート勢は最高速まで加速するまでに時間がかかるので、1コースの信頼度が下がります。

出来るだけ1コースの信頼度が高いレースを狙いたい場合は、風速2mまでの追い風が理想です。

風向き別の2着3着候補

住之江は、風向きによってレース展開が大きく異なります。

追い風が吹くレースは、2~4コースが差し構え、4・5コースがまくり差し狙いが基本となります。

2コースの差しは、届かなくても2着3着に残る可能性が高い事から、2コースを舟券から外す事が難しくなります。

また、2着率だけで考えると3コースも外しにくくなりますが、追い風の時は4コースの2着率の上がり幅の方が大きいので3コースよりも4コースを優先しても良いかなと考えています。

特に、3コースの選手の平均スタートタイミング(ST)や節間STが遅い場合やスタート展示でスタートが大幅に遅れている場合は、4コースの優先度がさらに高くなります。

もちろん、3コースの選手のSTだけではなく、4コースのSTもしっかりと確認しなければいけません。

4コースの選手の平均STが全選手平均の「0.15」よりも遅いと逆に4コース2着の可能性は低くなります。

一方、向かい風の時の2着3着候補は、混戦になりやすいといった特徴があります。

向かい風が吹くとまくり水面になるので、3~6コースが全てまくりを決めようとするからです。

まくりに行った艇の中で、内側の空いたスペースを見つけた艇、またはモーターの差で最初にコーナーを脱した艇が2着になる可能性が最も高くなっています。

数値でみると、唯一差し構えになる可能性がある2コースと、展開(隙間)をついたまくり差しがしやすい5コースの2着率が上昇しています。

2着率が下がる3・4コースですが、それでも2着率は5コースより若干高いので、モーターと選手の調子・気配の良さで判断するのが無難だと思います。

追い風は2コースの差し、向かい風は全コースのまくりに注意

1号艇の軸信頼度が低い時に1着候補となるのが

  • 追い風の2コースの差し
  • 向かい風の全コースのまくり

です。

追い風の時は、2コースの差しがかなり決まりやすくなるので、1号艇の選手の1コース1着率が低い場合はかなりの狙い目となります。

追い風が風速3mを超えた時の2コース1着舟券の回収率は、かなり高くなっています。

追い風が吹いている時は、2コース選手の差し1着率と1号艇選手の差され率、さらに2コースのモーター成績を忘れず確認しましょう。

向かい風が吹くと、2~6コース全てのまくりに警戒が必要です。

2コースのみ差しとまくりの2パターンのレース展開を予想する必要があります。

向かい風が吹くと1号艇の加速が悪くなるので、スタート後に直まくりのチャンスとなります。

6艇の中で最もスタートを早く決めた艇が最も有利にレースを走る事が出来ます。

向かい風が吹いている時の1着候補は、スタートタイミングの早さを重視すると良さそうです。

出走表のオレンジモーターに注目

住之江競艇場の公式ホームページにある出走表のモーター欄がオレンジ色になっている事を見た事がある人も多いと思います。

見たままの「オレンジモーター」という名称で呼ばれていて、オレンジ色に染まっているモーターは「2連対率上位6機」の印です。

硬い水質で波が残りやすい住之江では、「モーターの機力」がかなり重要となります。

オレンジモーターを持っているだけで、他の選手よりもかなり有利にレースに挑む事が出来ます。

細かな調整が出来ない、レース経験が少ないB級選手がオレンジモーターを持つと持て余す事も多いです。

しかし、A1級のトップレーサーがオレンジモーターを持つと勝率以上の好成績を残す可能性が高くなります。

住之江で舟券を購入する時は、オレンジモーターに注目してみてください。

住之江競艇場で勝ちまくっているおすすめ選手は「峰竜太選手」

住之江競艇場と相性が良く、勝ちまくっている選手として佐賀支部所属「峰竜太選手」が挙げられます。

住之江の勝率が「8.74」と2位の「8.37」と大きな差を付けています。

峰選手は、住之江の記念レースで優出7回優勝3回という抜群の成績を残しています。

峰選手自身も、住之江は好きで相性が良いと発言した事があると言われています。

一方、女子選手では兵庫支部所属「中谷朋子選手」と岡山支部所属「寺田千恵選手」がおすすめです。

勝率が「8.02」と女子選手の中で唯一、勝率8点台をキープしています。

兵庫支部の女子エースとして活躍しているイメージが強い中谷選手ですが、地元兵庫の隣大阪でも舟券に絡む活躍を見せています。

寺田選手の住之江勝率は「7.83」と中谷選手より少し低めですが、住之江の男女混合勝率ランキングトップ10に中谷選手と一緒にランクインしています。

差し・まくり・まくり差しと全ての決まり手を状況に合わせて使い分けが出来るので、風向きを問わず舟券に絡む事が期待出来ます。

中谷選手と寺田選手は、オレンジモーターを持っていなくても住之江では要チェックの選手です。

まとめ

以上が、住之江競艇場の特徴と予想のポイントです。

イン勝率の高さが目立つ住之江ですが、全国屈指の硬い水面で全速旋回をする事が難しいといった特徴がありました。

また、風向きによって有利なコース・決まり手が変わるオーソドックスなレース場でもあります。

インが強い事に加えて、特殊な癖がないので競艇初心者の人でも予想しやすいレース場だと言えるでしょう。

住之江で勝ちたい、住之江の勝率を上げたいと考えている人は、今回紹介したポイントを参考にした予想・舟券購入をしてみてはいかがでしょうか。