負ける人が多い競馬ですが、ごく一部の人は年間100万円以上儲けています。

競馬でしっかりと勝っている人と負けている人には決定的な違いがある事が分かりました。

今回は、競馬で年間100万円以上儲けている人が実践しているコツや競馬に対する考え方をまとめました。

競馬が負けやすいギャンブルだという事を理解する

競馬で年間100万円以上儲けている人の多くが「競馬は負けやすいギャンブル」だという事をしっかりと理解しています。

競馬の仕組みや何故負ける人が多いのかを理解する事が競馬で勝つためには必須となっています。

今まで競馬で負けてきたという人は、一度負けている理由や原因を考えてみるのも良いかもしれません。

競馬の還元率は約75%

競馬や競艇といった公営ギャンブルや宝くじには「還元率」という物が存在します。

売上に対して購入者にいくら返還しているかという事です。

競馬の還元率は約75%となっていて、各レースの馬券販売を締め切った後に売上から約25%を運営費や利益として引いています。

残りの約75%を馬券の的中者で山分けしています。

的中馬券を購入している人が少なければ少ない程、払戻金額は大きくなります。

ゲームセンターの競馬ゲームと違って現実の払戻オッズが変動するのは馬券の人気(投票率)が影響しているからです。

還元率が約75%という事は、単純に計算すると100円賭ける毎に25円損をしていく事になります。

また、「還元率=回収率」という事にもなり、実際に競馬の平均回収率は75%前後となっています。

一攫千金で大穴を当ててそのレースや当日はプラスになっても長い期間で計算すると負けている人が多いのは還元率が約75%となっている事が原因です。

競馬をギャンブルではなく投資として考えている

競馬で収支を長期的にプラスにしている人の多くは、競馬をギャンブルとしてではなく「投資」として考えています。

大勝ちするか大負けするかの2択ではなく、安定して利益を生むためのツールという考え方です。

ギャンブルと投資ではお金の使い方が全く異なりますよね。

勝ち目のない勝負で一攫千金を狙うのではなく、勝つ確率の高いレースでしっかりと利益を出す事が大切になります。

まずは無駄な出費を抑える

投資で利益を出すには「無駄な出費を抑える」事が重要となります。

競馬のレース結果は1つしかありません。外すのが怖いのは理解出来ますが、無駄に購入点数を増やしすぎると当たった時の利益が少なくなります。

馬券10点各100円で当てるのと5点各200円で当てるのであればどちらが効率良く利益を出せるか一目瞭然ですよね。

また、競馬は各レース毎回同じ金額を賭ける必要はありません。10点各100円で外すのと5点各100円で外すのではどちらがダメージが少ないかという点も重要です。

馬券を当てる事(的中率)に執着し過ぎると回収率はドンドン低下していき平均の75%を下回ってしまうので、無駄な馬券を購入しないように気を付けましょう。

レースを厳選する

「レースの厳選」も競馬で儲けるためには必要なコツの1つです。

目の前にあるレース全てで馬券を買って的中させようと考えていませんか?

上記で解説した通り、競馬は還元率が約75%なので馬券を買う回数が多くなる程、平均回収率に近づく事になります。
競馬で負けている人の多くが出来るだけ多くのレースで馬券を買ってマイナスを増やしています。

一方、競馬で年間100万円以上儲けている人は、意外と馬券を購入するレースの数は少ない傾向があります。

多くても1日2~3レース、1日で馬券を買わない日も珍しくありません。

馬券購入時に無駄に点数を増やさないのと同様に馬券を買うレースを増やし過ぎないようにします。

1つの競馬場では1日12レース、全国で1日24レース以上と競馬はかなりの数のレースが行われています。

その全てのレースをしっかりと納得がいくまで予想する事が出来るでしょうか?おそらく、プロでも不可能だと思います。

それなら、自信がある、自分の予想しやすいレースに絞ってしっかりと予想をした方が的中率も回収率もアップします。
馬券を購入するのは「予想に自信があるレース」だけにしましょう。

荒れるレースは避ける

レースを厳選する際に重要となるのが「荒れるレースは避ける」という事です。

投資に逆転や一攫千金を期待するのは厳禁です。

荒れる要素が高いハンデ戦や馬場状態が悪いレースは出来るだけ避けた方が無難です。

少しでも荒れると感じたレースや当日雨が降って馬場状態が悪化してきたと判断した時は馬券を買うつもりでも馬券の購入を見送った方が賢明です。

年間100万円以上のプラスは冷静さが必要

競馬で年間100万円以上プラスにするには「冷静さ」も必須です。

厳選した自信のあるレースで予想がハズレたからといってムキになっていてはいつまで経っても競馬で勝つ事は出来ません。

冷静さを失った人の多くが負けを取り返そうと予定になかったレースの馬券を購入してしまいます。

しっかりと予想していないレースの馬券が当たる確率はいつもより低くマイナスを増やしてしまうだけなので絶対にしてはいけません。

レース結果と情報を見比べて予想の際に見落とした事がないか反省した方が今後に繋がります。

競馬は長期的にプラスを目指すギャンブル

競馬で年間100万円以上儲けている人でも、1日や1ヶ月といった短い期間だけでみると負けている事も珍しくありません。

株や為替といった一般的な投資でも同じです。短期間でプラスを出そうとするのではなく、長期間でプラスを出すという意識が大切です。

期待値のある馬券のみを購入する

競馬では「期待値(的中率×払戻オッズ)」という考え方があります。

期待値が「1」を超え馬券を購入し続けると理論上いつかはプラスになります。

一方、どれだけ人気の馬券でも期待値が「1」を下回っている馬券は購入し続けるとドンドン損をしてしまう事になります。

払戻オッズばかりを追うのではなく、自分の的中率から計算した期待値のある馬券を購入し続ける事も競馬で勝つためのコツです。

期待値は自分の的中率に左右されるので馬券を購入する度に計算しましょう。面倒くさいと感じる人も最低限1ヶ月に1回等、定期的に計算する事をオススメします。

目的を達成した場合は徹底する

年間100万円のプラスを達成するには戦力的撤退も時には必要です。

1ヶ月や数ヶ月等、自分で決めた目標を達成した場合は、撤退しても問題ありません。

競馬は馬券を買う機会が増えれば増える程、損をしやすいギャンブルなので目標さえ達成していれば深追いをする必要はありません。

まとめ

競馬で年間100万円以上儲けている人の多くは競馬を投資として考えています。

また、的中率よりも回収率を重視して馬券を買うレースを厳選したり、購入点数が増え過ぎないようにコントロールしたりといったコツも実践しています。

現在の競馬の回収率に納得していない人や競馬で少しでも儲けたい人は今回の記事を参考にした馬券購入をしてみてはいかがでしょうか。