公営ギャンブルの1つ競艇・ボートレースは、勝つ・予想を当てるのが難しいと言われています。

実際に、長年競艇をしている人で人生トータルで勝っている人はごく一部です。

また、競艇番組や動画配信サイトで見かける競艇に詳しい人の予想もめちゃくちゃ当たるとは言い難いです。

今回は、競艇で勝つ・予想を当てるのが難しい理由を解説していきます。

控除率の壁が意外と高い

競艇だけではなく、他の公営ギャンブルや宝くじ・スポーツくじには「控除率」が存在します。

売上が確定した瞬間、競艇で言えば舟券購入を締め切った後に、まず売上から利益や運営費を確保しています。

公営ギャンブルの控除率は「約25%」となっていて、舟券を買った人に還元するのが「売上の75%」です。

では、控除率を引いて足りなくなった「25%」は誰が負担するのでしょうか?

そうです。舟券を買った人が負担しています。

運営(胴元)は、最初に利益・運営費を確保しているので絶対に負ける事はありません。

舟券を外した全員で舟券を当てた人を支えているといったイメージが近いと思います。

控除率と回収率の関係

控除率が25%の競艇ですが、常に舟券を当てる側にいれば負ける事はありません。

競艇で人生トータルの収支をプラスにするには、どれだけ支えられる側にいられるかが大切となります。

しかし、舟券を買うと必ず当たるという人なんていませんよね。

舟券の情報商材を取り扱っている悪質な業者ですら「的中率激高」や「的中率90%」等、絶対に当たるとは言わないぐらいです。

人生トータルの収支(回収率)は、人によって差があります。

しかし、競艇をしている人全体の回収率平均は毎年必ず「約75%」前後に落ち着きます。

現在は回収率が平均以下・以上の人でも、競艇を長く続ければ続ける程、人生トータルの収支は75%に近づきやすくなります。

運営が必ず勝つギャンブルで、勝つ人よりも負ける人が多いといった理由から競艇は勝つのが難しくなっています。

競艇は必ず負けるギャンブルではない

控除率や平均回収率を知ると「絶対に負けるギャンブルだったんだ!」とガッカリする人もいます。

しかし、競艇は必ず負けるギャンブルではありません。実際に、競艇の人生トータル収支がプラスの人もごく一部ですが存在しています。

競艇で人生トータルプラスになっている人は、大きく分けると「勝ち逃げ」と「勝率の高い賭け方」の2パターンに分ける事が出来ます。

勝ち逃げは、文字通り、収支がプラスになった瞬間に競艇を辞める事を指します。

勝っている状態で競艇から足を洗えば、負ける事はありませんよね。

競艇が負けやすいギャンブルだと理解して、1レースに大金を賭けて一攫千金に成功させたらその時点で競艇から引退するといった賢い人も少なからずいます。

また、競艇をして舟券を当ててみたけど、自分には合わなかったという人も少額ですが勝ち逃げをしていると思います。

多くの人が気になるのが、勝ち逃げではなく「勝率の高い賭け方」で人生収支をプラスにしている人ですよね。

勝率の高い賭け方とは、一攫千金を夢見るのではなく過去データや当日データを駆使して最も当たる・利益が出る可能性がある舟券を買うといった人たちです。

競艇をギャンブルとしてではなく「投資」として考えている人がほとんどで、ギャンブルの醍醐味であるワクワクやドキドキ、スリルや興奮を感じる事はありません。

競艇は、負けやすいギャンブルではありますが、人生トータルで勝っている人もいるギャンブルです。

ちなみに、競艇は舟券が当たる人が増えれば払戻金額が少なくなるといった特徴があるギャンブルです。

競艇で人生収支がプラスの人が独自の必勝法を他人に教える事はありません。

競艇の攻略法を教える・売ると言ってくる人や業者がいれば注意してください。

競艇の舟券を当てるのが難しいのは3連単を選んでいるから

1レースの最大出走数(艇)は、6艇です。競馬や競輪と比べると、かなり少ないので当たりやすく感じます。

しかし、実際に舟券を購入してみると意外と当たらないのが競艇です。

当てるのが難しい、そう感じている人の多くが「3連単」の舟券を購入しています。

他の公営ギャンブルよりも出走数が少ない競艇ですが、3連単の理論的な的中確率は「1/120」です。

パーセンテージに直すと「1%以下」になります。

そう考えると、なかなか舟券を当てるのが難しいのも納得出来ますよね。

競艇は3着が混戦になる事が多い

競艇の特徴の1つとして「3着が荒れやすい」といった点があります。

競艇には、スタート時に最内となる1コースが最も有利という常識もあります。

実際に、1コースの1着率は「約55%」と他のコースの1着率と比べると数倍以上を毎年記録しています。

また、各コースの2着率も内のコースが有利で外のコースになるにつれて徐々に2着率は下がっていきます。

しかし、各コースの3着率は1着率や2着率と比べるとコースによる差がかなり縮まります。

外側の5・6コースは、内側の4艇より低くなっていますが、1コースを除く2~4コースの3着率はほぼ横一線です。

レース場や風向き・風の強さで簡単に逆転する事も多く、実は競艇の3着は意外と当てるのが難しくなっています。

3連単の舟券を外した時に「1着2着は当たっていたのに3着だけ外れる」事が多い人がほとんどですよね。

また、1日のレース結果を見てみると、1着2着は人気順になっていて3着に人気の低い艇が入った事で払戻金額が大きくなっているレースを簡単に見付けられます。

3着が意外と混戦になる事が多い事も、競艇の舟券を当てるのが難しい理由の1つです。

競艇で勝つ・舟券を当てるためのポイント

ここまでの解説を読むと「競艇で勝つにはかなりの勉強や経験が必要になる」と感じてしまいがちです。

しかし、現在より競艇で勝つ・舟券を当たりやすくするのは、ちょっとしたポイントを覚えるだけでも可能です。

ここから紹介する舟券の買い方を実践する事で、的中率・回収率をアップする人も一定数います。

しかし、必ず勝てるようになるわけではないといった点に注意してください。

3連単を捨てて2連単で勝負する

テレボートに入会している人であれば、的中結果から過去の的中率や回収率を確認する事が出来ます。

自分の3連単の的中率と回収率を調べて、的中率30%以下・回収率70%以下の場合は、3連単を辞めて他の舟券で勝負をするのが効果的です。

当たらない・当たっても利益が少ない舟券でいつまでも勝負をしていても、変わらなければ勝てるようにはなりません。

3連単以外のおすすめの舟券が「2連単」です。

2連単は、1着と2着の着順を当てるだけなので、混戦になりやすい3着が関係ないといった魅力があります。

払戻オッズの低さに抵抗がある人も多いですが、実は2連単の払戻オッズは低くはありません。

3連単で多い「1-○-全」という買い方は、全部で4点購入する事となります。

ここでの説明は省きますが、複数点数を購入する時には「合成オッズ」を計算する事が出来ます。

賭け金に対して、当たった時に返ってくるお金の平均値です。

3着流しの3連単4点の合成オッズを計算すると人気の組み合わせであれば「2.0~2.5倍」となる事がほとんどです。

「2.0~2.5倍」程度であれば、同じ「1-○」の2連単の払戻オッズの方が高い事も珍しくありません。

また、3着流し各点100円買い合計400円分購入した時に、最も払戻オッズが低い組み合わせが来ると利益が100~200円になる事も多々あります。

しかし、2連単は1点買いで「1-○」を全てフォロー出来るので、1点に400円賭ける事が出来ます。

その結果、3連単で買うよりも2連単で買った方が利益が多くなるという事も競艇ではよく起きます。

3連単で思うような結果が得られていない人は、2連単を試してみてください。

3着流しと資金配分

1着2着の予想は当たっているのに3着が外れる事が多い人は「3着流し」を活用するようにしましょう。

3着を全通り購入する事で、取りこぼしをする可能性を減らす事が出来ます。

3着流しは購入点数が自然と増えてしまいます。その結果、当たった時の利益が少なくなってしまうという点に注意が必要です。

絞った艇が3着に来て舟券が外れたというリスクが減らせるので、収支はある程度安定するようになります。

しかし、常に3着流しをしていると安心感は得られますが、無駄な舟券を購入する事になり回収率が下がりやすくなってしまいます。

回収率を下げないためには「3着流しの使い所を把握する」事が必須です。

「3着は○号艇しか考えられない!」と予想に自信がある場合は、無理に3着流しを使用する必要はありません。

3着に自信がない時だけ活用するようにしましょう。

また、3連単を購入する時に多いのが「払戻オッズが低すぎて人気の組み合わせが買えない」事です。

一般戦でよくみる「3連単払戻オッズ5.0倍」では、3着流しどころか3連単を購入するのも難しくなります。

そんな時に便利なのが「資金配分」です。

購入する組み合わせ全て同じ金額を賭けるのではなく、「払戻オッズによって賭ける金額を変える」といった賭け方です。

どの組み合わせが来ても、当たった時の払戻金額を同じに調整する事で普段は買えない払戻オッズの低い組み合わせも買えるようになります。

普段より1レースに賭ける金額が増えてしまいますが、人気の組み合わせが来てもトリガミにならないといった安心感が得られる買い方です。

まとめ

競艇は、勝つ・予想を当てるのが難しいギャンブルの1つです。

しかし、難しいだけで絶対に負けるギャンブルではありません。実際に競艇で人生収支をプラスにしている人は存在しています。

また、競艇は、ちょっとしたポイントを把握する事である程度負ける可能性を下げる事が可能なギャンブルでもあります。

なかなか競艇で勝てない、予想が当たらないという人は、今回記事内で紹介したポイントを参考にした予想・舟券購入を検討してみてください。