広島支部の選手のホームとなる宮島競艇場は、厳島神社の対岸にあるレース場です。

1年を通してイン逃げとまくりが多いというイメージを持っている人も多いと思います。

今回の記事では、宮島競艇場の有名な特徴の真相やあまり知られてない特徴をまとめてみました。

宮島競艇場の特徴を用いた予想のポイントも一緒に紹介するので、気になった人は是非読んでみてください。

潮位の差が大きく、満潮干潮で有利なコースが異なる

宮島競艇場は、海水のレース場なので潮の満ち引きや流れが発生します。

満潮時と干潮時の潮位差が大きいといった点が有名で、潮位差は最大で3mとなっています。

満潮時と干潮時では、大時計やスタートの見え方が違うと言われていて、全国屈指のスタートが難しいレース場としても有名です。

水位が高くなる満潮時は、水面が不安定になり、ボートをコントロールする事が難しくなります。

その結果、全速旋回しようとするとボートがバタついてまくりが決まりにくくなります。

一方、水位が低くなる干潮時は、水面が安定するのでボートのコントロールがしやすくなります。

差しだけではなく、まくり・まくり差しが決まる可能性も高く、モーターの善し悪しが鍵となります。

干潮時は、1マークから2マークが潮が流れる向かい潮となるので、スロースタートの加速が鈍くなるといった特徴もあります。

また、満潮時には水面にうねりが発生する事も忘れてはいけません。

うねりに慣れていない、旋回技術が心もとない選手はうねりが原因となり、ターンが流れたり失速する可能性が出てきます。

宮島のスタートがバラつきやすい理由

宮島は、スタートの難所としても有名です。その理由はやはり、潮の干満差が大きいようです。

特に、1日2走する選手で1走目と2走目の走る時間が離れていると全くスタートの見え方が変わり、スタート感覚が狂いやすいと言われています。

スタートの見え方が時間帯で全く異なる事から、思い切ったスタートが出来なくなり慎重になる選手が多くなっています。

スタートがバラつくというよりは、スタートに自信がある選手がトップスタートを決めやすいといったイメージの方が近いと思われます。

また、全ての選手がスタートに慎重になると、スタートタイミングは遅くなりますが、スタートタイミングは揃いやすくなります。

1マークがスタンド寄りでセンター勢に有利な水面

宮島の公式ホームページに記載されている水面図を見てみると、センター勢に少し有利なコース設計となっています。

スタートライン上のコース幅が55mに対して、1マークのコース幅が40mとスタンド側に寄っています。

1・2コースは、スタート後の1マークに向かう時に、少しスタンドに向かって斜行する必要があります。

しかし、センター勢は真っ直ぐに1マーク向かう事が出来るので、1・2コースよりも1マークまでの距離が若干短くなっています。

その結果、内側のコースより少しでも早くスタートを切るだけで直まくりをする事が出来るようになります。

インの逃げが強いイメージを持っている人が多い宮島ですが、実はセンター勢に少し有利なコースレイアウトとなっていました。

瀬戸内海の風が常に吹いている

宮島競艇場は、瀬戸内海に面している事から1年を通して常に風が吹いているといった特徴があります。

無風は、レース全体の10%未満とかなり珍しくなっています。

宮島の風は「短時間で向きが変わる」といった特徴がある事から、レースの直前情報でしっかりと風向き・風速を確認する事が必要となります。

向かい風の時に、多い2~6コースの決まり手が「まくり」です。

特に、3・5コースの1着率は全国平均より高くなっています。さらに、3~6号艇に関しては、2着率も上昇傾向にあります。

宮島で向かい風が吹いている時は、アウトコースの2着3着にも注目してください。

一方、追い風の時は、2コースに注目です。

競艇ファンの中では「宮島の2コースは弱い」と言われています。しかし、追い風3mまでであれば2コースの1着2着率はかなり高くなっています。

また、決まり手もまくりが減り、差しが増える傾向にあります。

宮島の風の影響は、向かい風がまくり、追い風が差しと覚えておくと良いでしょう。

逃げとまくりは全国平均、その他の決まり手は平均以下

イン逃げが強いと言われている宮島ですが、実際の数値でもイン逃げが強い事が分かりました。

2020年の逃げ出現率を見ると「56.3%」で全国平均の「53.1%」を上回り、全24場で8位でした。

また、宮島の代名詞でもあるまくりも、出現率は「14.6%」で全国平均の「14.3%」を少しだけですが上回っています。

しかし、逃げとまくり以外の決まり手のランキングを見ると、

  • 差し「21位」
  • まくり差し「15位」
  • 抜き「14位」

と全て全国平均を下回っています。

宮島の2コースが弱いと言われる原因は、差しの出現率・成功率の低さが原因なのかもしれません。

コース別1着率はバラバラ

コースの有利不利がハッキリと別れているレース場もあります。

しかし、宮島では1着率は低いのに2着率が高い等、コースによって特徴がバラバラです。

  • 1コースは、1着率は高く2着3着率が低い
  • 2コースは、1着率は低く2着3着率が高い
  • 3コースは、1着3着率は平均2着率が高い
  • 4コースは、1着3着は平均2着が低い
  • 5コースは、1着3着は平均2着は高い
  • 6コースは、1~3着全てが高い

となっています。

全てのコースの特徴を覚えるのは難しいので、

1着は1コース、2着は2・3・5コース、3着は全て平均から少し上位と強いコースのみ覚えておくのもアリでしょう。

6コースの1~3着率が全て全国平均よりも高くなっていますが、常に入賞を狙えるというわけではありません。

スタートがバラついた時の大外まくりや内側のコースの攻めによりまくり差しが出来るスペースが生まれそうな時のみ狙い目となります。

宮島の企画レースはイン信頼

宮島の一般戦では、1日3R企画(シード)レースが行われています。

  • 1R ファーストバトル→1号艇にA級選手
  • 4R ランチタイム→1号艇にA級選手+2~4号艇のどこかにA級選手
  • 9R ティータイム→1号艇にA級選手+2~4号艇のどこからにA級選手+進入固定戦

全ての企画レースの1号艇にA級選手が配置されているので、通常の宮島のレースより1号艇の信頼度が高くなっています。

1R以外の企画レースには、1号艇以外の艇にもA級選手が配置される事も多く、人気決着を狙う事も出来ます。

宮島競艇場の予想はイン有利を活かした1号艇軸が基本

宮島でレース予想をする時に基本となるのが「1号艇軸」です。

全国9位という高い1号艇1着率を活かすのが基本です。

緩やかな風であれば、風向きを気にする必要がありません。しかし、向かい風・追い風を問わず、風速5mを超える強風になると1コースの1着率が下がるので注意しましょう。

1号艇を軸にする時に最も注意しなければいけないポイントが「潮」です。

宮島の特徴でも解説しましたが、宮島には追い潮と向かい潮があります。

スタート時の加速を手助けしてくれる追い潮の方が1号艇の信頼度が高くなっています。

一方、向かい潮になると、助走距離が短い1号艇はスタートタイミングが遅れなくても、伸びで外側の艇にやられてしまう可能性があります。

特に、平均スタートタイミングが遅い選手や節間のスタートタイミングにバラつきがある選手は、信頼度が下がります。

もちろん、イン勝率が高いからといって全ての選手を信頼してはいけません。

宮島での出走経験が多い、全国・当地の1コース成績が良い、1着を獲る可能性が高い選手のみ信頼します。

相手探しの基本2・3・5コース

1号艇を軸にする時の相手(2着3着)候補の基本は「2・3・5コース」となります。

4コースも入れた方が良いかな?と考えましたが、4コースの連対率を考慮すると3着はあっても2着まではないと判断しました。

4コースを2着にする場合は、A級選手でスタートタイミングが早く、4コース成績が良い(まくりが得意)といった3点が最低条件だと思います。

2~5コースで最も不利となる4コースを2着にする場合は、最低でも上記の条件は満たしていないと安心出来ないかなと思います。

1号艇軸の相手探しは、潮と風向きで選ぶのが無難です。

全速旋回するのが難しい満潮時と追い風時は、まくりの成功率が下がる差し有利の水面になるので、2コースが最有力となります。

一方、全速旋回しやすい干潮時と向かい風時は、まくり・まくり差しの成功率が高くなるので3コースが最有力です。

インが逃げる場合は、2着3着に展開をついた5コースが入りやすいので、5コースにも注意してください。

5コース成績やモーターが良い選手が5コースにいるレースは狙い目となります。

5コースは相手探しのメインではなく、抑えで買うというイメージの方が良さそうです。

あくまでも、2・3コースが1号艇軸の相手候補です。

1号艇が負ける時はスタート遅れが多い

インが強い宮島ですが、1号艇が負ける事も珍しくありません。

1号艇が負ける時の原因で最も多いのが「スタート遅れ」です。

宮島のコースレイアウト上、1コースはスタートが遅れるとセンター勢に直まくりされる可能性が高くなっています。

差しでの負けは、満潮+追い風に上昇するだけなので、そこまで多くはありません。
1

号艇に不安がある場合は、最初にまくり展開を予想してみると良いでしょう。

6コースの1着率や連対率は全国平均より高くなっています。

しかし、実際の宮島のデータを確認すると出現率はそこまで高くありません。

内側の艇のまくりに付いて行った時の3着が少し多い程度なので、頻繁に購入しない方が良いでしょう。

「1-6」で高配当を狙い過ぎると的中率と回収率の両方が下がっていくので注意してください。

宮島勝率1位は「峰竜太選手」兵庫支部も好相性

2020年の宮島勝率1位は、佐賀支部所属「峰竜太選手」です。

ボートレース界のスーパースターとして注目を集める峰選手は、宮島以外にも数多くのレース場で勝率1位を獲得しています。

宮島での勝率は「8.74」と安定感のある走りをしています。

オールラウンダーで、全てのコースから1着を狙える峰選手は、宮島でも舟券から外す事は出来ません。

また、宮島の勝率ランキングの特徴として「兵庫支部が強い」といった点が挙げられます。

勝率「8.57」で3位の「山本隆幸選手」を始めとして、3選手がトップ10にランクインしています。

兵庫支部で宮島の当地勝率が高い選手は狙い目なのかもしれません。

地元広島支部所属では「前本泰和選手」、女子選手では群馬支部所属「松本晶恵選手」も宮島で好成績を残しています。

まとめ

以上が、宮島競艇場の特徴と予想のポイントです。

イン勝率が高い宮島ですが、実はセンター勢が有利なコースレイアウトとなっていました。

宮島で1着を獲るには、スタートが鍵を握る事が重要です。

レース結果を予想する時には、各コースのスタートタイミングと得意な決まり手に注目してみてください。

宮島でなかなか勝てない、今までの負けを取り戻したいという人は、今回の記事を参考にしたレース予想・舟券購入を検討してみてはいかがでしょうか。