競艇はギャンブルの中でも勝率がかなり高い部類の遊びです。競馬は18頭走りますが、競艇は6人だけで争います。パチンコ、スロットなどに比べても勝つ確率が非常に高いです。

結論から言うと、競艇を投資のように実践している方が存在します。また、負けている人もいれば、勝つ人もいるのが競艇です。

この記事ではどのようにすれば競艇の投資を実践できるようになるのか?具体的に月5万円、10万円を稼ぐ方法について解説していきます。

競艇は投資になり得る理由

競艇の基本は3連単です。6レーサーが争うので、3連単は120分の1で当たります。パチンコは300分の1が多いですよね。

また、レーサーの特徴、経験値が付いてくるとある程度予想できるようになります。120分の1を当てることは難しそうに見えますが、実際は10分の1を当てるような感覚です。

競技場、レーサー、船、天候、あらゆるものを想定して予想をすれば、高確率で舟券を的中させることができるようになります。

競艇投資で稼ぐにはどうする?

競艇投資で勝つなら、情報を購入することがおすすめです。特にこの記事を見ている人は、競艇の初心者の人が多いと思います。

競艇は他のギャンブルと違い、予想屋、予想サイトが多くあります。購入のメリット、デメリットは存在しますが、優良情報を購入していくことが勝つための一歩だと言えるでしょう。

当サイトでは実績のある、情報サイトだけを紹介しているので、参考になれば幸いです。

競艇のリスクについて

投資には必ずリスクがつきものです。競艇で言うと特に3つのことに気をつけましょう。

  1. 低資金から始めること
  2. 負けても大金をかけない
  3. ルールを徹底する

この3つを守れないようなら競艇投資を始めてはいけません。特に最初の3ヶ月はトータルで少し負けるぐらいのイメージがおすすめです。他の投資も初月からグングン勝てるわけではないですよね。

競艇も同じです。大半の人が最初から大きなお金を賭けて、大きく負けてしまいます。

競艇で勝つことなく負けていく人は、ハイリスクハイターンの投資をしてしまう人です。

だからこそ、負けても大金を絶対に賭けてはいけません。取り返そうとすればするほど、競艇の罠にハマってしまいます。

パチンコ、スロットは1日の負け金額はある程度決まっていますが、競艇はそうではありません。

負けようと思えば、1日で数千万円のお金を溶かすこともできます。

投資も競艇も必ず勝てるわけではない

競艇を投資の一種として楽しむなら、注意するべきことがあります。それは「競艇投資」は必ず勝てるわけではありません。株式投資、FX、不動産投資も同じですよね。

情報を購入しても勝てることがあれば、負けることもあります。トータルで勝つためには最終的に投資センスも必ず必要になってきます。

投資には向き不向きがあるので、何をよっても勝てないようなら手を出すべきではないでしょう。特にギャンブル好きの人は投資に向いているようで、向いていないことが多いです。

感情の起伏が激しい人は特に注意です。負けた次のレースで勝負をしがちです。

まとめ

この記事では競艇は投資になるのか?また、投資のようにお金を稼ぐコツについて解説をしてきました。初心者が自分で予想をして、勝てるほど競艇は簡単ではありません。

投資のように稼ぐのであれば、優良な情報をいかに入手するかが重要です。株式投資、FXのように全員が稼げるわけではなく、勝ち組、負け組に必ず分かれます。

投資のように勝つには、情報入手量を増やして、資金管理を徹底しましょう。感情がコントロールできないと、ギャンブルと投資に区別がつかなくなります。