的中率を上げるだけでは競艇で勝つ事は出来ません。

競艇で勝つには「期待値を重視する」事が重要だと言われています。

期待値と聞いてもピンと来ない人も多いと思います。

しかし、期待値を理解していないと競艇で勝つ事は難しいと言えるでしょう。

今回は、競艇の予想で耳にする事が多い「期待値」について解説していきます。

期待値は賭けたお金に対して戻ってくるお金

長年競艇を楽しんでいても「期待値って何?」という人も意外と多くいます。

競艇での期待値とは「賭けたお金に対して戻ってくるお金」の事を指します。

競艇の期待値は、パーセンテージで表す事も多く、期待値が100%を超える舟券を購入し続ければ、理論上負ける事はありません。

難しいように感じる期待値ですが、実は誰でも簡単に覚えられるので競艇で勝ちたいという人はここでしっかりと覚えておきましょう。

期待値の計算は「予想勝率×払戻オッズ」

難しく感じる期待値の計算ですが、例を出して考えると意外と簡単です。

例えば、

  • 100%貰える1万円
  • 50%で貰える2万円

どちらが期待値が高いか計算してみましょう。

100%貰える1万円は、何回試しても貰える金額は1万円です。

一方、50%で貰える2万円は、理論上2回に1回は2万円貰えます。

1回の期待値は1万2500円となるので100%貰える1万円よりも期待値が高くなります。
期待値とは、要するに「理論上の平均値」です。

競艇での期待値は、「予想勝率×払戻オッズ」で簡単に計算する事が出来ます。

しかし、競艇はレースによって各艇の当たり確率(1~3着になる確率)が大きく異なります。

レースをする選手や使用するモーター、さらにレース時の天候等、細かな条件が毎レース異なっているからです。

競艇での予想勝率は、自分で大まかなに決めた数値でも問題ありません。自分で決められないという場合は、予想サイトに記載されている数値を引用するのも良いでしょう。

しかし、予想勝率に自分の感情や願望を混ぜないようにしてください。

出来るだけフラットな目線で見た1着になる確率を割り当てる事が大切となります。

期待値の高い買い方を狙いたい方は、下記を参考にしてみませんか?

なお、競艇でお金を稼ぐならプロの予想を参考にしてみませんか?

自分の感覚だけで競艇を買っているようでは、負ける人が90%以上です。

しかし、競艇で勝っている人は他の人がやらない行動を行っています。

無料予想からプロの予想、AI技術が参考になるか試してみませんか?

逆に言うと、プロの予想を利用しないのはもったいないです。

LINE無料登録からすぐに利用可能です!(24時間365日)

>>競艇TOPのLINE無料登録はこちら

払戻オッズではなく期待値を計算する

払戻オッズを見て舟券を購入している人も多いと思います。

しかし、払戻オッズの低さ・高さだけを頼りにしていても長い目で見ると競艇では勝てません。

やはり、払戻オッズよりも期待値を計算して、しっかりと期待値のある舟券を購入する必要があります。

払戻オッズがハッキリとしていれば、逆算して必要な「勝率」を導き出す事が可能です。

分かりやすいように「単勝」を例にすると、単勝オッズが「1.5倍」の艇は、回収率(収支)をプラス(100%)にするのには、「回収率100%÷1.5(オッズ)=66.6%」となり、1着率が「66%以上」ないと期待値がないという事になります。

単勝の1着率であれば、調べると簡単に見付ける事が出来るので、単勝オッズ1.5倍の艇を買っても良いかどうかの判断は簡単ですよね。

今回は分かりやすいように単勝オッズで解説しましたが、1点買いではなく複数点数購入する場合は上級者向けになりますが「合成オッズ」を計算して期待値や必要な的中率に当てはめる事になります。

「合成オッズ=1÷((1÷オッズ1)+(1÷オッズ2)・・・)」

1を購入する予定の各オッズで割った後に合計した数を最後にもう1で割ります。

計算は、かなり面倒で時間もかかるので合成オッズを調べたい時は無料の計算ツールを使用する事をおすすめします。

競艇で勝つためには、払戻オッズに惑わされる事なく、最も期待値が高い買い目・買い方を見付けるのが重要です。

期待値が理解出来ない場合はトリガミを避けよう

期待値を理解しているのに競艇でなかなか勝てない、どうしても期待値が理解出来ないという人も少なくないと思います。

そのような場合は「トリガミを避ける」事が競艇で勝つための近道となります。

トリガミとは、競艇を含む公営ギャンブルでよく使用される専門用語です。

当たった舟券の払戻金額が購入金額を下回る事を指します。

要するに、舟券は当たったのに負けた(収支がマイナス)という事です。

せっかく当たったのに負けるという事は「期待値の低い(ない)舟券を買っている」という事でもあります。

まずは、当たった時にトリガミにならないように、購入点数を減らしたり資金配分を行うようにしてみてください。

期待値のある舟券も短期間では負ける

期待値を理解して、期待値のある舟券だけを購入し続けても結果が伴わない、負けが続く事も珍しくありません。

期待値のある舟券でも、短期間で見れば負ける事が多々あるからです。

期待値のある舟券は、「長い期間で見ればいつかはプラスになる」事を前提としているからです。

1日や1週間という短期間で勝ちたい、長期的な勝ちには興味がないという人には、期待値を考慮した舟券購入は向いていません。

的中率よりも期待値のある舟券を買うのが重要

競艇で勝つためには、的中率を意識するよりも「どれだけ期待値のある舟券を買うか」が重要となります。

的中率を上げるだけであれば、1レースあたりの購入点数を増やせば簡単に的中率を上げる事が出来ます。

しかし、購入点数を増やして的中率を上げると「トリガミ」になる可能性がグンと上がるのでおすすめしません。

難しい事を考えたくない人は2連単がおすすめ

合成オッズ等の難しい事を考える事なく期待値のある舟券を買いたい!という人には、「2連単」がおすすめです。

「単勝ではダメなの?」と思う人も多いですが、単勝は「ほとんど利益が出ない」といったデメリットがあります。

また、単勝の場合は基本的に払戻オッズが1.2~1.5倍の1号艇を購入する事になります。

しかし、1号艇の単勝は当たった時のリターンよりも外した時のリスクのが大きいので、長期的に勝つ事が難しくなっています。

一方、2連単であれば単勝よりも払戻オッズが高いので、ある程度収支が安定しやすくなっています。

さらに、1レースで出来るだけ大きな利益を得ようとした場合、単勝は他の購入者・購入金額が少なく5000円以上賭けると払戻オッズが大幅に下がってしまいます。

しかし、2連単であれば売上が少ないレースでも1万円程度までであれば、大きく払戻オッズが下がる事は滅多にありません。

2連単は、単勝に次いで期待値を計算しやすいのもおすすめの理由の1つです。

基本1点賭けになりますが、難しい事を考えずに期待値のある舟券を買いたい人は2連単から始めてみてください。

複数点数を買う事になる3連単は資金配分がキモとなる

もちろん、3連単でも期待値のある舟券を購入する事は可能です。

前記した通り、合成オッズを使用する事になり、払戻オッズ「2.5倍」以上が大まかな目安となります。

合成オッズが2.5倍になれば組み合わせは何でも良いのではなく、当たる確率が高い合成オッズ2.5倍以上の組み合わせを探しましょう。

また、3連単で出来るだけ収支を安定させるには「資金配分」を行う必要があります。

インターネットのテレボートで舟券を購入している場合は、資金配分のボタンがあるので面倒な計算をする必要がありません。

払戻オッズによって賭ける金額を調整する事も期待値のある舟券を買うのと同じぐらい大切です。

2連単1点買いと3連単の合成オッズを比較する

意外と見落としがちとなるのが「2連単1点買いと3連単合成オッズの比較」です。

3連単の方が払戻オッズに期待が出来ると勘違いしている人も多いですが、買い方によっては2連単1点買いの方がお得になります。

特に、3連単3着流し(全通り)は注意が必要です。

一見高く見える3連単の払戻オッズですが、合成オッズにすると「2.0~2.5倍」になる事も珍しくありません。

3連単「1-2-全」の合成オッズが「2.5倍」で、2連単「2-1」の払戻オッズが「2.7倍」となっている事もあります。

人気のある組み合わせ3着流しの3連単を購入する際は、合成オッズを計算すると同時に2連単の払戻オッズも確認するようにしましょう。

まとめ

競艇で耳にする事が多い期待値は、難しそうに感じますが実際は「理論上の平均値」です。

同じ条件で試行回数が増えた時に、どちらがお得なのかイメージすると理解しやすいと思います。

競艇で長期的に勝つには、この期待値が重要となります。

期待値の高い舟券・組み合わせをどれだけ見逃さずに購入し続けられるかがキモとなります。

期待値を考慮した舟券の買い方に興味を持ったという人は、今回の記事を参考に期待値の高い舟券を探してみてはいかがでしょうか。