競艇は、1レースに賭けられるお金が最小100円と少額から舟券を購入する事が可能です。

その気軽さから競艇でプラス収支100万円を目指しているという人も多くいます。

しかし、目標を達成出来ずに挫折してしまった人の方が多い事から、競艇で100万円勝つ事は難しいです。

今回は、競艇でプラス100万円を目指すデメリット(難しさ)を解説していきます。

競艇の平均回収率は「75%」

競艇でプラス収支100万円を目指すのが難しい最大の理由が「還元率」です。

競艇は売上の全てをお客さんに還元しているわけではありません。

各レースの売上が確定すると運営費や利益を確保するために「売上から25%」を引いています。

そして、残った「売上の75%」を舟券が当たった人に均等に振り分けています。要するに還元率が「75%」という事です。

ギャンブルには「還元率=回収期待度」という考え方があり、実際に競艇の平均回収率は「75%前後」に収まっています。

もちろん、平均なので回収率が75%を超えている人も存在します。しかし、ほとんどの人は回収率が100%を下回る所謂負けている状態です。

運良く勝っている一部の人間になれたとしても回収率が「101~105%」だった場合、プラス100万円にするにはかなりの軍資金と時間が必要になります。

また、平均回収率が75%という事は理論上舟券を買う回数が増える程負けていく事になります。

どこかで特大万舟を当てて収支を大幅にプラスにする事が出来ても、そこからまた舟券を購入し続ければ回収率は75%に近づいていきます。

競艇でプラス100万円を目指すには、全体の1割にも満たない回収率100%を超えるといった高いハードルを飛び越える事が必須となります。

さらに、目標のプラス収支100万円を達成するまで回収率100%以上を維持し続けなければいけません。

競艇で100万円を目指す際にはお金が減る可能性が高いといったデメリットが生じます。

本命狙いも穴狙い結局は回収率が75%に収束する

普通に予想をして舟券を買ってもプラス収支を100万円にするのはかなり困難です。

そう理解すると次は買い方を「本命狙い」と「穴狙い」のどちらかに絞ろうとする人が増えます。

しかし、どちらを選んだとしても結局回収率は平均の75%に収束する事がほとんどです。

寧ろ、今までとは違う慣れない予想方法に変えた事で的中率・回収率の両方が下がるケースも増えます。

本命狙いで勝つ事が出来ない理由

本命狙いは的中率が高い反面、当たった時の払戻オッズが低くなるといった賭け方です。

一攫千金のように短い期間でプラス100万円を目指すのではなく、長期間でコツコツとお金を増やしていく事になります。

一見すると穴狙いより的中率が高いので堅実に見える本命狙いですが、プラス100万円を目指すには試行回数(舟券を購入する回数)が多くなってしまいます。

試行回数が増えるという事は、平均回収率に収束する可能性が高くなる事を考えると成功率は高くないでしょう。

テレボートで舟券を購入している人は、自分の的中結果を調べてみてください。

3連単の的中率が20~30%になっている人がほとんどだと思います。

本命狙いで回収率100%以上を目指す、プラス100万円を目指すという場合は3連単の的中率を最低でも40%近くまで上げなければ厳しいです。

本命狙いは、1レースあたりの払戻オッズが低いので購入点数を6点前後まで絞る事が必須となります。

今まで10点前後で舟券を買っていた人が購入点数を半分ぐらいに減らしつつ、的中率を上げると考えるとどれだけ難しいか理解出来ると思います。

穴狙いで勝つ事が出来ない理由

穴狙いで100万円を目指す場合は、的中率がかなり低いので1日や1レースといった短期間で勝負する事になります。

穴狙いは的中した時の払戻オッズ・金額は高いですが、当たる確率が低いので勝負が長引くとドンドン負け額が増えていきます。

ようやく万舟をゲットしたとしても、それまでの負け額が大き過ぎるとプラス100万円どころか負け額を取り戻す事すら困難になります。

穴狙いでプラス100万円を目指す場合は、自然と一発勝負をする事になります。

払戻金額を100万円にするために1点に大きな金額を賭ける人もいます。

しかし、1点に大金を賭けけると払戻オッズがガクッと下がってしまうので注意が必要です。

大きな金額を賭けても払戻オッズが下がりにくい3連単が穴狙いのメインとなるでしょう。

無事当てる事が出来れば目標のプラス100万円を達成する事が出来るかもしれません。

しかし、1回失敗しただけで数万円を失う事も珍しくありません。

見返りは大きい穴狙いですが、リスクが高すぎるといったデメリットがあります。

競艇に100万円勝つ必勝法が存在しない

競艇に「必勝法がない」事もプラス収支100万円を目指すのが難しい理由の1つです。

カジノのギャンブルでよく耳にする必勝法は、時間さえかければプラス100万円を達成する事は可能です。

しかし、競艇とカジノにあるギャンブルはシステムが全く異なる事から、カジノで通用する必勝法を活用する事すら難しくなっています。

今まで数多くの競艇ファンや頭の良い人が競艇の必勝法を探してきましたが、残念ながら未だに見付かっていません。

必勝法を見付けても誰にも教えない

万が一、競艇の必勝法を見付けた人が現れたとしても、その人が必勝法を誰かに教える事はあり得ません。

カジノのギャンブルはベッドする前から払戻オッズが決まっています。誰がどれだけ賭けても払戻オッズが変わる事はありません。

しかし、競艇は売上と投票率(人気)によって舟券購入を締め切るまで払戻オッズが変動し続けます。

競艇は、簡単にいうと売上の75%を皆で取り合う事になります。当たり舟券を持っている人が少なければ少ない程、払戻オッズ・金額が高くなります。

要するに、必勝法を見付けても誰かに教えて必勝法が広がってしまうと、自分の利益がドンドン少なくなっていくという事です。

誰かに教えると、苦労して見付けた必勝法が使えなくなる事から、善意で教える人はいないと言えるでしょう。

ネットで見かける必勝法はニセモノ

ネットで競艇の必勝法を見かけた事がある人も多いと思います。

残念ながらネットで公開されている必勝法の99%はニセモノです。

上記で解説した通り、競艇というギャンブルの性質上必勝法は誰かに教えていけません。

ネットで見付けた誰か分からない人に売るというのがそもそもあり得ないからです。

ネットにある競艇の必勝法の多くは、無料ではなく「有料」ですよね。

「有料だから信ぴょう性があるのでは?」と考えて購入してしまう人もいますが、その「有料だから信ぴょう性がある」と思わせるために有料にしている場合がほとんどです。

実際に有料で購入して教えてもらった必勝法を試した結果、大負けしたという話を簡単に見付ける事が出来ます。

ネットで見かける必勝法には手を出さないようにしましょう。

まとめ

競艇でプラス100万円を目指した事がある人は数多く存在します。

しかし、競艇は賭ける程負けやすく必勝法がないギャンブルなので残念ながら目標を達成した人は1%もいないと思われます。

本命狙いと穴狙いは異なる予想方法や舟券の買い方が必要です。

どちらもプラス100万円を達成するためには高いハードルやデメリットがある事から必要があるのであまりオススメはしません。