児島競艇場は、レース中の渋い声とレース外の穏やかな声のギャップ、ハイテンションな実況が有名・人気のレース場です。

実況アナウンサーが注目されがちですが、決まり手等の様々な特徴があります。

児島競艇場の収支を安定させるには、レース場の特徴を把握する事が大切です。

今回は、児島競艇場の特徴と予想のポイントを紹介します。

児島競艇場の特徴はイン有利で潮位による影響が大きいレース場

児島競艇場の特徴として「潮位による影響が大きい」といった点が挙げられます。

瀬戸内海に面している海水のレース場で、潮位の干満によって予想方法がガラッと変わります。

満潮時は、水面にうねりが発生します。

うねりと普段より水位が高い事から旋回時のコントロールが難しく、ボートがバタつきセンター勢のまくりが流れるケースが増えます。

インが強いと言われている児島ですが、満潮時はさらにインの信頼度が上昇します。

また、インの逃げだけではなく、差しが決まりやすくなる事も満潮時の特徴です。

反対に、干潮時は水面が穏やかなになる事でボートをコントロールしやすくなり、スピードを活かしたレース展開が多くなります。

干潮時は、うねりがなくなり水位も低いのでまくり・まくり差しでボートがバタつく事がなくなります。

さらに、モーターパワーの差が出やすくなると言われていて、超抜・エースモーターを持った艇の1着率が上がります。

最後に、児島の潮の干満による水位の差は、約2~3mで他のレース場と比べると海水濃度が濃く体重差の影響が出にくいといった点も忘れないようにしましょう。

競走水面に大きな特徴はなく枠なり進入が多い

競走水面に大きな特徴があるレース場も多くありますが、児島の競走水面に大きな特徴はありません。

極端にコースが広かったり狭かったりしないので、競艇のセオリー通りインコースが有利となっています。

唯一、他のレース場と違う点が「ピットから2マークまでの距離が短い」事です。

ピットから2マークまでが101mと短いので、前付けがしにくかったり、ピットアウトでの出遅れをカバーしやすく枠なり進入がほとんどとなります。

枠なり進入になる可能性が高いという事は、予想外の事が起きにくいので本命党の人向けのレース場だと言えるかもしれません。

常に緩やかな風が吹いているレース場

瀬戸内海に面している事から、海風が常に吹いているレース場です。

無風状態のレースは、全体の1~3%とかなり珍しくなっています。

常に風は吹いていますが、強弱の差はあまりなく、基本的に風速3m以内の緩やかな風がほとんどです。

向かい風の時は、風速4m以内であれば1コースの有利は変わりません。特に風速1~2mの場合は、1コースの信頼度が上昇します。

1コース以外の特徴として、向かい風の時は4・5コースの1着率が全国平均より高くなります。

3・4コースのセンター勢が展開を作る事も多く、その隙をついた5コースのまくり差しが全国トップの成績を残しています。

追い風の時は、インコースの信頼度がさらに上昇します。

しかし、追い風の時は「2コース」が要注意です。

追い風が吹くと風の強弱に関係なく、2コースの1着率と連対率が上昇します。

これは、追い風が吹くと1コースのターンが流れやすくなり差しが決めやすくなるからです。

また、差しを試みる選手が増える事で1着になれなくても2着3着に残りやすくなる事から、連対率が上がっていると考えられます。

逃げ・まくり差しが全国上位

児島の決まり手と全国のレース場の決まり手を比較してみると、逃げとまくり差しが多いといった特徴がありました。

逃げの出現率は、「56.3%」で全国平均「53.1%」より高く全体の8位です。

1号艇にA級選手を配置した企画番組があり、多少逃げ勝率を引き上げていますが、それでもインが強いレース場と言えます。

一方、まくり差しは出現率が「12.1%」で全国平均「11.0%」より若干高く全体9位です。

差しの出現率も高いのかな?と思って調べてみましたが、差しの出現率は「12.5%」で全国平均「13.6%」を下回っていて、順位も15位と低くなっていました。

決まり手の出現率からレース展開を予想する時は、センター・アウトコースのまくり差しが基本となるのかもしれません。

まくりが決まりにくいという特徴通り、まくりの出現率は「11.6%」で全国平均「14.3%」を下回り、順位も19位と全国下位でした。

イン1着率は平均以上、偶数艇の2着率に注目

オーソドックスなイン有利の競走水面なので、1コースの1着率は全国平均の「56.5%」を大きく上回る「59.6%」で順位も8位とかなり高めです。

2~6コースの1着率は、全国平均と同じぐらい、または全国平均を少し下回る結果となっていました。

1着率に特徴はありませんでしたが、注目なのが「偶数艇(2・4・6コース)の2着率の高さ」です。

偶数艇の2着率は、全て全国上位でした。また、2・6コースに関しては3着率も全国平均程度を記録しています。

一方、3着率を見ると奇数艇(3・5コース)に軍配が上がります。奇数艇の3着率がトップクラスなので3着切りを出来ないといった少し難しいレース場でもあります。

また、1コースの3着率が全国最下位なのも特徴の1つです。

逃げが決まりやすいので1着率は全国上位ですが、負ける時は着外になる事も珍しくないようです。

企画番組が全体の1/4と少し多め

児島は、企画番組が少し多めに組まれているといった特徴もあります。

  • 1R 朝とくガァ~コ戦→1号艇のみA級選手
  • 5R 日替わり艇食戦→ランダムに日替わりで選手を配置
  • 6R 昼とくクラリス戦→1~3号艇にA級選手
  • 9R 進入固定戦→1・4号艇にA級選手

5Rの日替わり艇食以外は、1号艇にA級選手が配置されているので、企画番組はイン勝率が高くなっています。

A級選手が複数出走するレースも、A級選手の連対率が高く基本的に払戻オッズは低めとなっています。

しかし、A級選手が着外になると払戻オッズが跳ね上がりやすくなっています。

うねりが発生している時や調子の悪いA級選手が配置されている時は狙い目となります。

児島の予想は潮+風で軸を決める

1コース1着率が全国平均より高い事から、児島の予想の基本は「イン逃げ」です。

満潮+緩やかな風(特に追い風)の時は、インの信頼度はかなり上昇します。

1コース勝率の高いA級選手だけではなく、1コース1着率が「50%」程度の普段はあまり信頼出来ない選手でも1着になる可能性が高くなります。

インの信頼度が下がる条件として、「強風が吹いている」「1号艇に乗る選手の旋回技術が低い」の2点が挙げられます。

強風が吹くと風向きに関係なく1コースの1着率は下がります。また、強い追い風が吹くとコース上にうねりが発生します。

旋回技術が低いとターンが流れ、うねりの影響でボートがバタつきます。

その結果、内側を差した艇やうねりの少ないコースを選んだ他の艇に置いて行かれる事になります。

強風or1号艇の選手に不安がある場合は、他コースを軸にする事を検討してください。

イン逃げ時の相手探しも潮+風

イン逃げ時の2着3着探しも、基本的に潮と風をメインに考えていきます。

満潮時は、イン逃げに加えて差しが決まりやすくなるので2号艇が相手の最有力となります。

しかし、2号艇の選手が差しが苦手、普段から2コースで握って旋回が多い場合は、2着どころか3着以内も難しくなります。

先程も解説しましたが、追い風が吹くとターンが流れやすうねりに捕まりやすく、その条件は2号艇にも当てはまります。

2号艇が流れて行って空いたスペースをまくり差しが出来る艇がチャンスとなります。

児島は、偶数艇2着率が高いといった特徴がある事から、2号艇が流れていくパターンの2着最有力は4号艇となります。

さらに、モーターの善し悪しを加味していくと、かなり購入点数を絞れると思います。

1号艇以外が1着となるパターンで多いのはまくり差し

1号艇以外の2~6号艇が1着となる時に最も多いのが「まくり差し」です。

選手自身も、児島はまくりは決まりにくいと認識しているので展開予想としてはまくり差しが基本となります。

まくり差しは、児島のうねりを回避しながら1号艇を1マークで抜きやすくなっているので、多用する選手が増える傾向があります。

ボートをコントロールしやすくなる干潮時で、高モーターを持っている3~5号艇の選手は特に注意が必要です。

一方、満潮や追い風時は、差しが決まりやすくなる事から、軸候補は2号艇となります。

もちろん、2号艇の選手が差しを得意としている場合のみです。

決まり手が差しとなる場合は、1号艇の2着残りの可能性が高く「12-12」が本線でも問題がないと考えています。

また、1号艇が2号艇の差しを必要以上に警戒して旋回する事もあります。

そうなると、1号艇はブロックのために失速して、2号艇は行き場をなくして失速する事となり、まくりを狙いやすい3号艇が先頭に立つ可能性が高くなります。

1号艇がどの艇を警戒するのかは、レース本番にならないと分かりません。

しかし、追い風時に1・2号艇が負ける「もしも」のパターンも覚えておくと、どこかで役に立ちます。

春から秋はイン信頼、冬はイン信頼度が下がる

1年を通して、インの信頼度が高い児島ですが、瀬戸内海に面している事で季節によって風の吹き方が多少異なります。

  • 春・夏は、緩やかな向かい風
  • 秋から冬は、緩やかな置い風
  • 冬は、向かい風

と冬のみ若干イン信頼度が下がります。逆に、夏・秋のイン信頼度は上昇しています。

舟券を購入する季節によって軸を多少変えるのも効果的なのかもしれません。

児島の勝率2トップは「毒島誠選手」と「菊地孝平選手」

児島競艇場と相性の良いおすすめ選手として、群馬支部所属「毒島誠選手」と静岡支部所属「菊地孝平選手」が挙げられます。

2人の児島での勝率が毒島選手「8.65」、菊地選手「8.64」と3位以下を大きく離しています。

2選手とも、アウトコースからのまくり差しをしっかりと決められる高い技術力を持っています。

菊地選手は、児島記念レースで優出6回優勝2回という相性の良さを発揮しています。

どちらの選手もA1級トップレーサーとして全国のレース場で活躍して、不利だと言われている5・6コースからでも3着以内を狙う事が出来ます。

また、菊地選手が所属する静岡支部の選手は、全体的に児島競艇場と相性が良いと言われています。

実際に、児島の勝率ランキングのトップ10には、菊地選手を含むと静岡支部の選手が3名と最も多くランクインしています。

菊地選手だけではなく、静岡支部の選手が児島で走る時は注目してみてください。

まとめ

児島競艇場は、オーソドックスで癖のない競走水面のレース場です。

インコースの1着率が高く、1号艇を軸に本命狙いをしやすいといった特徴がありました。

しかし、干満差で予想方法がガラッと変わったり、基本的にまくりが決まりにくかったりという注意点もありました。

児島競艇場の特徴や予想方法が分からなかったという人は、今回の記事を参考にしながらレース展開を予想してみてください。