競馬ファンなら、一度は競馬の配当金だけで食べていけたらと考えた事があると思います。

毎月生活をするのに必要な金額は人によって異なりますが、毎月コンスタントに20~30万円を競馬で得ている人は存在します。

馬券を購入している人の1割以下と人数は限りなく0に近いですが、実際に存在している事は確かです。

結論から言うと、競馬で食べている人は存在しています。

今回は、競馬で食べている人の考え方の一部を紹介します。

競馬で食べていくならギャンブルだという事を理解する

公営ギャンブルの競馬は、各レースの売上の約25%を経費・利益として引きます。

残りの約75%を馬券購入して予想を当てた人で山分けするといったギャンブルになっています。

回収率は、理論上は理論上と同じになるので競馬をしている人の平均回収率も約75%と言われています。

平均回収率の約75%というのは、100円賭けると75円が返ってくるとイメージすると良いでしょう。

要するに、馬券を買えば損をする確率が高い、買えば買うほど損をしやすいという事でもあります。

競馬で食べていくには「競馬がどのようなギャンブルなのか」しっかりと把握しておきましょう。

短いスパンなら食べている人もいる

競馬が負けやすいのは「長期間」で見た時の場合です。1レース・1日・1ヶ月という短いスパンであれば意外と勝っている人は多くいます。

しかし、上記でも解説したように競馬は続ければ続ける程、回収率が75%に近づいていくので負けやすくなります。

ほとんどの人が負けるギャンブルと聞いて違和感を覚えた人の多くは競馬を始めてからの収支ではなく、短いスパンで勝った時の事をより強く覚えているからです。

競馬で食べていく方法

長期になるほど負ける人が増える競馬ですが、実際に競馬で食べている、生活をしている人は存在しています。

競馬で食べている人には「無駄」を極力排除しているという共通点があります。競馬でいう無駄とは「ハズレ馬券」の事を指します。

簡単にハズレ馬券を減らすと言いましたが、競馬をしている人からするとそれがどれだけ難しいか理解出来ると思います。

しかし、競馬で食べていくにはハズレ馬券を買わないように当たり馬券のみを買う事が必須となります。

競馬で食べるなら馬券を購入するレースを絞る

競馬で勝っている人と負けている人の違いの1つとして「馬券を購入するレースの数」が挙げられます。

負けている人の多くは出来るだけ馬券を買って競馬を楽しもうとしています。

一方、競馬で食べている人の多くは競馬を楽しむよりも競馬を「投資」として考えています。

お金を稼ぐ事を最優先して無駄だと思う事をドンドン削ぎ落としています。

馬券がハズレ馬券となる可能性が最も高いのが「予想が難しいレース」です。

予想が難しいレースは、荒れて万馬券が出やすい反面、予想が的中しにくいという特徴もあります。

競馬で食べていく、しっかりとお金を稼ぐには「荒れる」や「万馬券」は必要ありません。

予想しやすくて「当たりやすいレース」のみ馬券を購入するだけでもハズレ馬券を大幅に減らす事が出来ます。

競馬で食べていくのには「予想しやすいレースの見極め」が大切です。

予想しやすいレースは荒れないレース

1レースで最大18頭出走する競馬は、万馬券や10万馬券といった大穴が当たる事も珍しくありません。

しかし、競馬で食べていくには「荒れ」は全く必要としません。レース絞りをする際には、荒れる要素がない事もしっかりと確認する必要があります。

競馬の荒れる要素として有名なのが「天気」と「馬場状態」です。

ほとんどの馬は、晴れや曇りといった走りやすい天気を好みます。雨が少しでも降ると気性が荒くなったり全力で走れない馬も存在します。

逆に雨が降るとやる気を出し晴れている時より速く走る馬も存在します。

各馬の天気の好みや経験まで予想出来る人は滅多にいません。天気が悪い日は、無理に馬券を買わないようにする事でマイナスが増える可能性をなくす事が出来ます。

また、馬場状態も荒れる要素の1つです。芝・ダートの水分量やコースの走りやすさで大番狂わせが起きます。

当日のコースの大まかな水分量は、JRAの公式ホームページの出走表を見ると知る事が出来ます。

コースの走りやすさは発表されていないので自分の目で確認する事になります。

テレビやインターネット放送ではコース状態を完全に把握する事は出来ません。

しかし、映像でホームストレートの芝が剥げていたり、ゴール直前で内側の馬のスピードが極端に落ちたり大外から来た馬の伸びが良い場合はインコースが荒れていると判断出来ます。

出走する馬の情報だけではなく、レース当日や本番の天気や馬場状態も調べて荒れる要素がない事を確認しましょう。

競馬で食べていく効率の良い馬券の買い方を覚える

競馬で最も売上が高い馬券は「3連単」です。1~3着までに入賞する馬を順番通りに当てるといいう複数ある馬券の中で最も予想が難しい馬券です。

予想が難しい3連単ですが、的中した時の払戻金額が馬券の中で最も高いという魅力もあります。

ハイリスク・ハイリターンというギャンブル性の高さから魅了されている人も多くいます。

しかし、競馬で食べている人は3連単馬券をあまり購入しないという傾向があります。

最初に記載した通り3連単の予想はかなり難しくなっています。

払戻金額は3連単に劣りますが、予想するのが簡単で的中率が高い他の馬券を選んでいます。

その理由が「3連単以外の馬券でしっかりとお金を稼げる」からです。

競馬で食べている人は、予想しやすいレースに狙いを絞っているので上位に来る馬の数もある程度絞れています。

上位に来る馬が絞れている場合、馬連や馬単であれば購入点数を大幅に減らせます。

購入点数を減らした分、1点に賭ける金額を増やせるので当たった時のリターンが3連単を当てるよりも多くなる事も珍しくありません。

競馬の3着は意外と人気のない馬が入賞する事も珍しくないので、波乱で馬券が外れてしまう事を防ぐといった意味で馬連・馬単を選んでいるという人もいます。

常に3連単で大きなリターンを狙うのではなく、レースに出走する馬の実力差等の考慮して的中率と払戻金額のバランスが良い馬券を選ぶ事を意識しているという人が多くなっています。

競馬で食べるなら回収率重視

「馬券を当たる事に執着している」この言葉にドキッとする人も多いと思います。

競馬で負けている人の多くは「的中率」を重視しがちになってしまいます。

予想が当たった時の快感はクセになってしまいますが、的中率を重視してしまうと無駄な馬券が増える事になります。

1番人気の馬が1着になる確率が約30%前後と言われている競馬はそもそも「外れて当たり前、当たればラッキーなギャンブル」です。

「2回に1回1000円が稼げるレース」と「3回に1回2000円が稼げるレース」ではどちらがより儲けが多いか簡単に計算出来ますよね。

無理に当てようとすると購入点数が増えてしまい当たった時の利益が減ってしまいます。

さらに、当たった際の払戻金額が購入金額を下回る「トリガミ」になるリスクも上昇してしまいます。

予想が当たった時の快感よりに惑わされる事なく、回収率を重視した馬券購入を行いましょう。

無駄な馬券購入を減らして、回収率を重視するだけである程度的中率も安定してきます。

まとめ

限りなく少ないですが、競馬で食べている人は実際に存在しています。

しかし、競馬で食べていくには競馬を楽しむよりもお金を稼ぐ事を優先する事が必須となります。

予想しやすい当てやすいレースを探して、荒れる要素がないか確認したりと馬券を購入するまでに様々な情報を確かめています。

さらに、期待値の高い馬券の買い方を覚えて回収率を重視したりと一般的な競馬ファンよりも競馬に詳しくなる事が求められます。