競馬は、出走表を見て予想するレースを見て一喜一憂等、趣味としての人気も高くなっています。

しかし、遊びだと思って気軽に遊んでいると知らない間に借金をしていたという怖い話を耳にする事もあります。

今回は、意外と知られていない競馬の怖さや借金をしてしまう理由を紹介します。

競馬の怖さは勝てる勝負ではないこと

競馬で借金をする最大の理由は「勝てないギャンブル」だからです。

競馬で数万~数十万円を儲けたという夢のような話を聞く事も多いですが、その話は「1レース」や「1日」に限った話がほとんどです。

勝ち自慢をしている人に「通算収支(回収率)」を聞くと多くの人は歯切れが悪くなってしまうので通算収支を聞くのは辞めておきましょう。

そもそも競馬の還元率は1レースの売上の約75%となっています。

還元率は、パチンコやパチスロでいう「機械割」と同じような意味でもあります。

理論上1レース賭ける毎に平均で賭け金の25%を損をしていく計算となり、馬券を買う回数が増えれば増える程、回収率が75%に近づいていきます。

もちろん、競馬で通算収支がプラスの人もいますが、全体の1割にも満たないと言われています。

長い目で見れば馬券を購入する人のほとんどが負けるギャンブルとも言えます。

競馬の怖さをわかっても辞められない理由

競馬が「勝てないギャンブル」だと知っているのに辞められないという競馬ファンも多くいます。

その多くは、純粋に競馬が好きでお小遣いや毎月決められた金額で金額で趣味として競馬を楽しんでいます。

生活に影響が出ない金額であれば趣味として競馬を楽しむのは問題がありません。

しかし、中には自分が決めた金額を越えて馬券を購入したり、知り合いや消費者金融から借金をしてまで馬券を購入する人も存在します。

趣味の範囲を超えて競馬をする人の多くが「大金が当たった時の快感」が忘れないといった理由で競馬を辞める事が出来なくなっています。

最初は、お小遣い以内で趣味として遊んでいたのにある日突然数千円が数万円・数十万円になったら金銭感覚が狂いそうですよね。

自分の予想が当たった事や短時間で大金を得た時に脳内で出る所謂「脳汁(エンドルフィンやアドレナリン)」が原因となる快感・幸福感が忘れられなくなります。

また、少ない軍資金が大金に化けた成功体験がある事で「次のレースで当てればプラスに出来る」と馬券を当てられる前提となり、歯止めがかからなくなってしまいます。

お小遣いや自分で決めた金額以内であれば趣味として楽しめる競馬ですが、自制心がないと気付かない間に借金をしてしまう危険性があります。

競馬で借金が増えていく流れとは?

競馬で借金をしたという人が身近にいないと借金をした後の事が想像しにくいですよね。

競馬で借金をした段階で過ちに気付いて競馬から離れてしっかりと借金を返済する人もいます。

しかし、借金をしても競馬を辞められずに徐々と借金が増えている人も少なからず存在します。

借金をしても競馬が辞められない人が最初に行うのが「複数の消費者金融での借入」です。

銀行カードローンとは異なり、比較的簡単に短時間で借入が出来るので多くの人が手を出していまいます。

しかし、一昔前とは違い現在の消費者金融は年収の1/3までしか借入をする事が出来ません。

各社年収の1/3ではなく「全部の消費者金融で年収の1/3」なので膨大な借金になる事はあまりありません。

しかし、競馬を辞められない人は次に銀行カードローンに手を出します。消費者金融とは異なり、銀行は総量規制対象外なので年収の1/3以上のお金を借りる事も可能です。

こうして、競馬を辞められない人は様々な会社・銀行から借金を増やしていき数百万~1000万円以上の借金をしていきます。

競馬で馬券を購入する事を最優先してしまうようになり、毎月の公共料金や携帯代を滞納し始めるといった点も共通しています。

競馬の借金は失う物が多い

競馬で借金をすると様々な物を失う危険があります。

まず最初に挙げられるのが「家族」です。増えていく一方の借金を家族に秘密にする事は無理ですよね。

借入をしている消費者金融や銀行から督促状が届いて家族にバレてしまったという人も多くいます。

借金の理由がギャンブルだと知ると離婚や絶縁を迫られる事も珍しくありません。

家族の次に失う危険があるのが「社会的信用」です。消費者金融・銀行のどちらでも借入をした事実と返済履歴が記録されています。

競馬の事で頭がいっぱいになり、返済期日を忘れて滞納・遅延をしてしまうと「返済トラブル」扱いになり、その記録も残ります。

返済トラブルを起こしていると「ブラックリスト」として登録されてしまい、借金を完全に返済してから数年以上は新しくローンを組む事が出来なくなります。

競馬で作った借金は、毎月の支払いを怠るとマイホームや車といった大きな買い物をする際に一括で支払う事になります。

競馬で借金をしないためには自制心が重要

競馬で借金をしない・作らないためには「自制心」が最も重要です。

馬券購入は、毎月決められた金額以内に必ず抑えましょう。また、予想・馬券がハズレたからといってムキになるのも厳禁です。

そもそも競馬は、当てるのが困難なギャンブルでもあります。「次のレースで当てて取り戻そう」という甘い考えは捨ててください。

最後に「競馬は勝てないギャンブル」であるという事を忘れず趣味として楽しむ事を忘れないようにしてください。

競馬の怖さまとめ

公営ギャンブルの競馬は勝てないギャンブルの1つです。

お小遣いや決められた金額であれば趣味と楽しめます。

しかし、負け続けてカッとしたり、負けを取り戻そうとムキになってしまうのは借金の原因となるので厳禁です。

競馬で借金をすると競馬が楽しくなくなるだけではなく、家族や社会的信用を失ってしまいます。

競馬をする際は、生活に影響が出ない金額に抑えるように心掛けましょう。

競馬負け金額の口コミ!トータル「通算」いくら負けてる?

競馬を辞めたい人向け!どうすれば競馬を辞められる?