競馬は、今までの通算収支がマイナスだという人がほとんどです。しかし、しっかりと競馬で儲けている人も少なからず存在します。

「勝っている人と負けている人との違い」を探した事がある人は多いですよね。

今回は、競馬で勝っている人が実践している勝つためのポイントを紹介します。

競馬で勝っている人は的中率よりも回収率を重視する

競馬の回収率は「払戻金額÷購入金額×100」で計算する事が出来ます。この計算方法で1レースだけではなく、1日や1年といった様々な期間の回収率を把握する事が可能です。

回収率が100%を超えていれば儲けが出ていて、100%を下回っていれば損をしているという事になります。

競馬は「とりあえず当てれば良い」と考えて的中率を重視している人も意外と多くいます。

しかし、的中率を重視しているという事は、1レースに対する購入点数が増えるという事でもあるので回収率はドンドン下がっていきます。

同じ1000円を1レースで賭ける場合に、買い目を広げた10点各100円とそこから少し絞って1点に賭ける金額を増やした5点各200円では当たった時の払戻金額が違ってきますよね。

確かに競馬は、当てる事も大切ですが勝つためには回収率を重視する事が大切となります。

トリガミを回避する

競馬には「トリガミ」という競馬用語が存在します。トリガミは、馬券が的中した際の払戻金額が購入金額を下回る事を指します。

トリガミになる回数が増えてしまうと回収率が徐々に下がっていくので競馬で勝てなくなってしまうのでトリガミは極力避ける必要があります。

トリガミを避けるには、知識や経験は必要ありません。馬券を購入する際に当たった時に得られる払戻金額が購入金額を下回らないかオッズを確認するだけで回避する事が可能です。

また、馬券の購入タイミングにも注意が必要です。レースが始まる3~5分前がベストと言われています。

G1や当日のメインレースであれば購入タイミングが早くても問題ありませんが、メインレース以外の売上が少ないレースは最低でも締め切り10分を切ってから馬券を購入するようにしてください。

競馬のオッズは、売上の75%を人気(投票率)順に振り分けています。売上が少ないレースでは数十万~数百万円の売上でもオッズが変動してしまいます。

隠れた実力馬がいるレース等は、出来るだけオッズを下げないようにギリギリに馬券を購入する人が増えます。お金持ちや勝負を賭けるためにまとまったお金を締め切り数分前にドカッと賭ける人も珍しくありません。

馬券を購入するタイミングが早すぎると、購入時と締め切り時のオッズに違いが生じてトリガミになってしまう危険があります。

用事でギリギリに馬券を購入出来ない等の理由がない限りは、出来るだけ馬券購入のタイミングを遅らせた方が回収率が安定します。

オッズ人気を過信しない

競馬のオッズは人気が反映されているので「強い・勝てると予想されている馬」が一目瞭然となる事からオッズを信じて馬券を購入する人も意外と多くいます。

しかし、競馬は「もともと当てるのが難しいギャンブル」でもあり、1番人気の馬が1着を取る確率は平均で約30%前後、単勝オッズが2倍を切るダントツ人気でも50%程度となっています。

同じような公営ギャンブルの競艇の1番人気の1号艇の平均勝率60%と比較すると競馬の1番人気の信頼度の低さを理解する事が出来ます。

競馬で勝つためには、オッズ人気を過信しないでしっかりと自分で予想する事も大切です。

大穴狙いはしない

競馬の大穴は、的中した際に100円が500倍以上になる事も珍しくありません。

また、大穴馬券が当たった時の快感は本命狙いの何倍もあると言われていたりと様々な魅力がある事から大穴のみを狙う競馬ファンも増えています。

確かに、大穴は当たった時の配当金が高く興奮や快感も得られます。しかし、当たった時の配当金が高いという事は「ほとんど当たらない」という事でもあります。

上記で、的中率よりも回収率を重視すると解説しましたが決して「大穴を狙え」という事ではありません。

大穴狙いは的中率が著しく低下するので当たってもそれまでの負債(マイナス収支)を全て回収出来ない事も多々あります。

大穴狙いをしている人は50連敗や100連敗は当たり前という覚悟を持って大穴馬券を購入しています。

しっかりと予想した結果、人気の薄い馬を買う事になるのは問題ありませんが、一攫千金を狙った大穴狙いは厳禁です。

競馬で勝っている人は購入点数を増やし過ぎない

回収率を上げる、回収率を安定させるには「無駄なハズレ馬券の購入を避ける」事が必須となっています。

「購入点数を増やしすぎている」事が原因で負けてしまっている人も多くいます。

レース結果を予想した際に「この馬も入賞しそう、あの馬も入賞しそう」とハズレてしまう事に恐れてドンドン購入点数が増えたという経験はありませんか?

また、的中率を重視してしまいBOX買いをしているという人もいますよね。

購入点数を増やすと的中率は上がります。しかし、購入点数が増えると購入金額も増えるので当たった時の儲けも少なくなります。

そもそも競馬は当てるのが難しいギャンブルとなっているので、少しばかり購入点数が増えてもあまり意味がない事も珍しくありません。

購入点数を増やすよりもある程度狙いを絞った方が当たった時の儲けが増えるので回収率が安定します。

また、競馬で人気の3連単馬券を購入する時は「フォーメーション買い」を積極的に活用しましょう。

BOX買いは、選んだ馬が入賞すれば順番を問わず的中となりますが、やはり無駄な馬券を購入する事にもなります。

一方、フォーメーション買いは「1着はこの2頭しか来ないだろうな」「この馬は来ても2着(3着)までだろうな」という細かい予想までしっかりと反映させられるので効率良く馬券を購入する事が出来ます。

BOX買いで予想や馬券は当たっているのに回収率が思ったように伸びないという場合は、フォーメーション買いを活用するだけで回収率が向上する事もあります。

3連単以外の馬券を活用する

競馬には様々な馬券が存在します。的中した時の払戻金が最も高い事から多くの人は3連単馬券を購入しています。

しかし、競馬で勝っている人の多くは他の馬券を活用しています。

1着2着は予想出来たけど3着は混戦でどの馬が来るか分からないというケースは1着と2着の順番を予想する馬単を選ぶ事で1着2着は予想通りだったのに3着をハズしてしまうというリスクを回避する事が出来ます。

また、3着を選ぶ必要がなくなるので自然と購入点数も抑えられるというメリットも得られます。

一方、1~3着に入賞する馬は予想出来たけど順番が分からないというケースは3連複を選びます。

選んだ馬が5頭の場合、3連単BOXでは60通りとなりますが3連複BOXにすると10通りまで減らせます。

予想結果や状況に合わせて適切な馬券を選ぶ事も競馬で勝つためのポイントの1つです。

まとめ

競馬で勝っている人と負けている人には明確な差がありました。

回収率を重視しながら複数ある馬券を使い分けて無駄な馬券購入を避けています。

スランプで困っている人や今より回収率を上げたいという人は今回紹介した競馬で勝つためのポイントを参考にしてみてはいかがでしょうか。