競馬は、プラスになった時点で完全に辞めてしまえば生涯成績・収支をプラスのまま終える事が可能です。

しかし、競馬を楽しんでいる人の多くは生涯収支がマイナスとなっています。

今回は、なぜ競馬で勝ち逃げが出来ないのかといった点に焦点を当ててみました。

結論から言うと、ギャンブルは勝っている時は継続してしまうので勝ち逃げできません。

そもそも競馬は勝てないギャンブルである

競馬の仕組みをあまり知らないという人も意外と多くいます。

競馬は、1レースの売上の約25%を引いています。

公営ギャンブルといっても騎手の給料や運営費用を準備したり、国費にするために利益を出す必要があります。

最初に売上の約25%を引いておく事で競馬を行うのに必要な費用・利益を確保しています。

残った売上の約75%を人気順にオッズとして振り分け(還元)ています。

馬券購入した人が出したお金よりも少ない金額を奪い合うので、自然と負ける人が出てきます。

「還元率が約75%でも勝てる人は勝てるのでは?」と考えてしまいそうになりますが、還元率75%という事は回収率も75%に近づくという事でもあります。

馬券を買えば買う程、回収率は75%に近づいていくといった事も競馬が勝ち逃げが出来ない理由の1つとなっています。

競馬で稼ぎたい方はこちらをご覧ください↓

【最新2021年】競馬で稼ぐ方法!具体的な稼ぎ方を解説

競馬の勝ち方!初心者におすすめの勝つ方法を解説

生涯収支がプラスになった時点で競馬を辞められない理由

馬券を買えば買う程、勝ちにくくなる競馬ですが始めたてに当てた時や大穴を的中させた瞬間に生涯収支がプラスになる事も珍しくありません。

その時点で競馬を完全に辞める事が出来れば「勝ち逃げ」をする事が可能です。しかし、現実はそう甘くはありません。

瞬間的に生涯収支がプラスになった場合でも「競馬って意外と簡単なんじゃないか」「儲けた分でさらに儲ける事が出来るんじゃないか」とほとんどの人が考えてしまいます。

一度馬券を当ててプラスになる、短時間で儲けるという成功体験をしてしまう事で競馬の魅力に気付いてしまいます。

また、自分が予想した通りのレース結果になった時の快感やお金を賭けているという興奮が忘れられなくなって競馬にハマってしまう人も多くいます。

生涯収支がプラスになった当日に「もう競馬を完全に辞めてしまおう」と決意しても数日経ったふとした瞬間やG1等の大きなレースの情報を知ってしまった時に「また当てて美味しい思いが出来るかも」という思考に陥ります。

また、散財してしまい所持金が少なくなって給料日までお金が持ちそうにない時に競馬でお金を増やした事を思い出して辞めたはずの競馬に戻ってきてしまったという実態もよく耳にします。

競馬が儲からない理由!やればやるほど負けるのはなぜ?

競馬人口の多さが原因によるオッズ損

競馬は、出走する馬の強さに関係なく人気(投票数)でオッズが変動します。

有名な馬の血を引く子供や孫、過去の実績から実力以上に人気を集めてしまう馬も出てきます。

実力以上に人気を集めてしまった馬の馬券は「損をしやすい馬券」となり、こちらも買えば買う程、損をする事になります。

もちろん、損をしやすい馬券があるという事は、実力があるのに人気を集めていない「得をしやすい馬券」も存在します。

得(損)をする馬券を見極めるにはかなりの知識と経験が必要となります。

競馬初心者や趣味として楽しんでいる人の多くは馬券の損得の判断が出来ない事から負けやすい、勝ち逃げが出来なくなっています。

勝ちが続くと自信がないレースでも馬券を購入してしまう

土日はガッツリ競馬を楽しみたい!と朝から夕方まで競馬をしている人も増えています。

中央競馬の場合は、土日の朝10時30分~16時30分過ぎまでレースが行われています。レースが行われているのは1つ競馬場だけではなく、多ければ3つの競馬場で合計36レースが行われています。

全36レースの中には予想に自信があるレースもありますが、自信がないレースも多々存在します。

競馬ファンの多くは「趣味」として競馬を楽しんでいるので勝ち負けよりも馬券を買う楽しさや予想が当たる快感を優先してしまいます。

自信がないレースでも予想を外す回数よりも予想が当たる回数の方が多ければそこまで問題はありません。

しかし、全36レースで馬券を購入して18レース以上的中させるのは至難の業ですよね。競馬で生涯収支がプラスの人でもほぼ不可能と言えるでしょう。

上記でも解説した通り、馬券は購入する回数が増えると回収率が75%に近づくので勝ち逃げからはドンドン遠ざかっていきます。

また、1つの競馬場のレースに集中するのであれば各レース間は30~40分程度、時間が出来るのである程度しっかりとした予想をする事が出来ます。

しかし、36レース全てで馬券を購入しようとするとレースとレースの間隔がかなり短くなり、予想も雑になってしまいます。

その結果、普段よりも的中率・回収率が下がってしまいます。

中央競馬だけでも毎週末かなりの数のレースが行われていて気軽にどこからでも馬券が購入出来る環境が簡単に揃えられます。

短時間で馬券が購入出来る気軽さから自信がないレースでもついつい馬券を購入してしまうといった点も競馬で生涯収支がプラスにならない理由です。

競馬を辞めたい人向け!どうすれば競馬を辞められる?

競馬に勝ち続ける必勝法が存在しない

カジノ向けの「マーチンゲールの法則」や競艇の「ココモ法」といった必勝法が競馬には存在しません。

マーチンゲールの法則とココモ法のどちらも「勝つためにはかなりの軍資金」が必要となりますが、逆に言えばかなりの軍資金があれば勝ち逃げがする事が出来るという事でもあります。

もちろん、どちらの必勝法も生涯収支がプラスになった時点ですぐに辞める事が必須です。

競馬が勝ち逃げが出来ないギャンブルと言われるのには「必勝法がない事」も原因と言えるでしょう。

では、なぜ競馬には必勝法がないのか。答えは簡単で「そもそも馬券を当てるのが難しい」からです。

カジノであればゲームを選べば的中率1/2で払戻金が賭け金の2倍というゲームが存在します。競艇は1レースで最大6挺、さらにインコースの選手に圧倒的アドバンテージがあったりと人気決着をする事が多くなっています。

一方、競馬は枠やコース適性等の若干の有利はあっても競艇のような圧倒的アドバンテージやカジノのような的中率の高さはありません。

1番人気の馬が1着を取る確率も平均で約30%と3レースに1回当たれば良いというレベルとなっています。

世の中には様々な必勝法が存在しますが、どれもある程度安定した的中率が必要となります。しかし、競馬は単勝ですら1番人気がなかなか当たらない事から必勝法は存在していません。

必勝法がないという事は勝ち逃げがかなりしにくいという事でもあります。

競馬で年間収支をプラスにする方法!どうすればプラスになるの?

まとめ

競馬は還元率が約75%とそもそも勝ちにくいギャンブルとなっています。

運良く生涯収支がプラスになっても競馬の楽しさやもっと儲けたいという気持ちが勝りスパッと辞める事が出来ない人がほとんどです。

さらに、他のギャンブルと違い必勝法がないといった点も競馬で勝ち逃げが出来ないギャンブルと言われる原因となっています。

競馬は、「勝ち逃げをする」「生涯収支をプラスにする」というよりも無理のない金額で趣味として楽しむ事に適したギャンブルです。

地方競馬情報サイト

競馬メニュー JRA