競艇・ボートレースをしていると、定期的に全く舟券が当たらないというスランプに陥る事も珍しくありません。

そんな時に頼りにしがちになるのが「競艇・ボートレース予想サイト」です。無料・有料と数多くの予想サイトが存在しますが、稼げる予想サイトは実在するのでしょうか?

結論から言うと、競艇の稼げる予想サイトランキングは注意が必要です。有料だから当たるというよう話ではありません。

予想サイトに依存しないように注意しましょう。

稼げる競艇無料予想サイトに注意

競艇・ボートレースの予想サイトの多くは無料で閲覧する事が可能です。また、サイトだけではなく、個人のブログでレース予想をしている人も増えています。

無料予想サイトの特徴の1つとして「結果予想しか記載されていない場合がほとんど」といった点が挙げられます。

前日予想・当日の朝予想・直前予想といつオススメの舟券の買い目を発表するかは、サイトによってバラバラですが、ほとんどのサイトは結果予想しか記載していません。

「○○(レース場名)○R 1-2-3 これだけ買えば稼げる!」等、無責任な発言をしているサイトも珍しくありません。

競艇・ボートレースは、3連単であれば1/120、2連単1/30で的中します。本命に絞るとさらに的中率を上げる事が出来ます。

競艇は、出走馬数が多い競馬と比較すると適当に購入しても定期的に当たるギャンブルとなっています。

無料予想サイトの多くは「その舟券を購入する根拠」が記載されていません。

根拠のない予想舟券を購入し続けると的中率・回収率はドンドン下がっていきます。

スランプに陥った際に無料予想サイトの買い目を参考にする程度であれば問題はありませんが、過信して買い続けるとマイナスを増やしてしまう原因となるので注意が必要です。

稼げる競艇の有料予想サイトに注意

無料予想サイトと有料予想サイトとの違いとして「細かな情報が記載されている」といった点が挙げられます。

競艇・ボートレースの有料予想サイトもサイトごとに多少違いが存在します。

料金面では「月額制」と「都度買取制」の2つが主流となっています。

月額制は、毎月決められた料金を支払う事で好きに記事や予想を閲覧する事が出来ます。

料金は、月100円とリーズナブルなサイトだけではなく、500円や1000円以上と入会するのに少し勇気が必要になるサイトもあります。

毎月の料金が安いサイトでも多少レースに関する情報が記載されていますが、高額サイトと比較すると情報量が少ない傾向があります。

記載されている少ない情報も「A1選手だから」「モーターが良いから」といった曖昧な情報、公式サイトの出走表を見れば分かる情報のみのも場合も多いです。

一方、料金が高いサイトは、各選手の出走枠の成績やレース場の相性等の細かな情報を交えた予想を行っているサイトが多い傾向があります。

しかし、その細かな情報も時間や手間をかければ自分で調べる事が可能です。

都度買取制は、自分が欲しい時だけ記事や予想を購入する事になります。

記事購入にかかる料金は、100~300円程度のサイトが多くなっています。

月額制サイトと同レベルの記事・予想を記載しているサイトもありますが、舟券の買い目のみを販売しているサイトの方が多いです。

競艇予想サイトの的中率はどれぐらい?

無料・有料問わず、サイトの傾向によって的中率はバラバラです。

穴狙いをメインに予想しているサイトの多くは的中率が10%を下回っています。

中穴狙いのサイトで15%、本命狙いのサイトでも25%を超えていれば良い方となっています。

また、無料サイトと有料サイトで的中率に差があります。

誰でも閲覧出来る無料サイトは、予想根拠もなく自分の好みの買い目を記載しているサイトが多いので的中率は高くありません。

一方、有料サイトは、舟券の的中率を上げる事が顧客獲得の条件となるのである程度しっかりとした予想をしているので無料サイトよりは的中率が高くなっています。

しかし、どちらも結局は人が予想している事に加えて、競艇・ボートレースに絶対はないので絶対に当たる稼げるサイトは存在しないと言えます。

稼げる予想サイトがない理由とは?

「自分の儲けが少なくなる」といった事も安定して稼げる予想サイトが存在しない理由の1つです。

的中率・回収率が高い人は、そもそも人に買い目を教えるといった行為を嫌います。

競艇・ボートレースは、売上の約75%を当たり舟券として還元するといったギャンブルとなっています。

売上が多い注目レースも売上が少ない平日午前の一般レースも還元率は変わりません。

売上が1000万円の場合、750万円を的中した人で山分けする事になります。

当たった人が100人なら1人あたり7万5000円、1000円なら7500円と考えるとイメージしやすいと思います。

当たった人が少なければ少ない程、自分に返ってくるお金が増える、逆に当たった人が多ければ多い程、自分に返ってくるお金は減るといったシステムです。

そのようなギャンブルなので、自分の買い目を発表するという事は「自分の回収率を下げる」という事になります。

わざわざ自分の稼ぎ・儲けを減らしてまで周りの人・知らない他人に儲けさせようと考える人は少ないですよね。

有料サイトなら「会員の数だけ収入が増えるから儲けられるサイトもあるのでは?」と考えて入会・購入する人も少なからず存在します。

確かに、有料サイトの中には顧客に月額料金・購入費用より稼げせようと真面目に予想したり、舟券を購入するレースを絞ったりして運営しています。

しかし、そのような優良サイトは「かなり稀」です。優良予想サイトに行き着くまでに数多くの有料サイトを入会・退会する事になるので注意が必要です。

有料サイトは「当たれば評判となり、顧客が増える」といった特徴がある事から的中率を向上させようと努力・研究している運営も多くいます。

しかし、悪徳有料サイトは考えが異なります。

当たる確率が少ない・ほぼない舟券を顧客に購入させる事で自分の購入しているオッズを上げたり、外しても「ギャンブルなんだから当たり前だろ」と開き直るサイトも珍しくありません。

「有料サイトだから絶対に稼げる」といった考えは危険です。

無料・有料を問わず、競艇・ボートレースの予想サイトは稼げない、儲からないと考えた方が良いでしょう。

自分の予想の後押しやちょっとした時の参考程度に活用するのが無難です。

まとめ

インターネット上に数多く存在する競艇・ボートレースの予想サイトの買い目のみを購入し続けても稼げる事はほとんどありません。

中には、顧客の事を第一に考えて運営しているサイトもありますが、出会うのが困難だと言えます。

予想サイトを活用する場合は、買い目・考え方の参考程度にしてしっかりと自分で予想した方が的中率・回収率も安定します。