競艇は少ない軍資金でも遊べるギャンブルです。

当日使える軍資金は人によって大きく異なりますが、1日に使える金額で多いのが5000~2万円と言われています。

1日遊ぶには少し心許ない1万円ですが、工夫の仕方によってはしっかりと競艇を楽しむ事が出来ます。

今回は、軍資金1万円でお金を増やしたい時にオススメの戦略を紹介します。

本命狙いでコツコツとお金を増やすコツ

軍資金1万円でお金を増やす際に最も成功率が高いのが「本命狙い」です。

競艇は他の公営ギャンブルと比べると1~5番以内の人気決着になるレースが多いといった特徴があります。

その特徴を活かして本命狙いしやすいレースのみ舟券を購入してお金を増やします。

本命狙いは、知識・経験が少ない競艇初心者でもポイントさえ掴めば簡単に実践する事が出来る賭け方でもあります。

最優先は1号艇が1着になるレース

本命狙いで最も大切になるのが「1号艇の1着率」です。

競艇にはインコース有利というセオリーがあり、スタート時に他の艇より内側にいる1号艇の勝率が最も高くなっています。

1号艇の1着率が高いレースに絞る事で的中率が安定するだけではなく、1レースあたりの購入点数も抑えられるといったメリットが得られます。

肝心の1号艇が1着になりやすいレースの探し方ですが「1号艇にA1級の選手がいるレース」に絞ると手間なく見付けられます。

全選手の上位30%しかなる事が出来ない最高位のA1級の選手のほとんどは1号艇勝率が70%前後あります。

選手全体の平均55%前後と比較するとどれだけ信頼出来るか一目瞭然です。

1号艇にA1級選手がいるレースのみ舟券を購入する事が軍資金1万円を増やす成功のポイントとなっています。

注意喚起:金銭管理の方法:ギャンブル問題に苦しむ家族の方へ

インコース勝率が高いレース場のみで勝負する

1号艇の1着率と一緒に確認してほしいのが「レース場の1コース勝率」です。

全24場あるレース場は、水面の広さや周りの環境が全て異なります。インコースが強いレース場もあれば弱いレース場もあります。

最もインコースが強い大村競艇場の1コース1着率は約80%、逆に最もインコースが弱い戸田競艇場の1コース1着率は約60%と20%の差があります。

同じ1号艇にA1級選手がいるレースでもどちらのレース場で舟券を買った方が的中率が高いか簡単に理解出来ると思います。

本命狙いでコツコツお金を増やす場合は「大村・徳山・芦屋・下関・尼崎」といったインコースが強いと言われているレース場を選んでください。

基本は2連単1点or3連単8点以内

本命狙いでコツコツお金を増やす時は「出来るだけ購入点数を減らす」事が重要になります。

本命狙いは的中率はそれなりに高いですが当たった時の払戻オッズは低くなりがちです。

2連単の本命狙いは払戻オッズが「2.0~3.0倍」になる事がほとんどです。

中には2連単で払戻オッズが200円を切る事も珍しくないのでトリガミをしないように「1点買い」が基本となります。

一方、3連単の払戻オッズは「10.0倍前後」が平均になると考えて問題ありません。

2連単同様払戻オッズが平均を下回る事もあるので出来れば「8点以内」に抑えるように意識してください。

しかし、2連単・3連単を問わず、購入点数が絞りきれないレースも多々あります。

本命狙いは購入点数が少ないので先程、解説した通りの購入点数を目安にして問題ありません。

どうしても購入点数を増やしたいという場合に便利なのが「資金配分」です。

購入する全ての組み合わせに同じ金額を賭けるのではなく、払戻オッズによって各組み合わせに賭ける金額を変えて的中時の払戻金額を揃えます。

どの組み合わせが当たっても払戻金額は同程度になるのでオッズの低い組み合わせと高い組み合わせを同時に購入出来るようになります。

しかし、資金配分は払戻金額をある程度揃えるために軍資金が少し多くなるといった注意点があります。

状況に合わせて均等買いと資金配分を使い分けると良いでしょう。

自信のあるレースは大きく賭けても問題ない

軍資金は1万円と限られていますが1レースあたりの賭け金は自由です。

綺麗に四等分して1レース2500円賭けても良いですし、自信があるレースに多めに賭けるといった方法も良いでしょう。

しかし、「自信のないレースに多めに賭ける」「前レースの負け分を取り戻すために次レースで多めに賭ける」といった賭け方はオススメしません。

自信がないという事は的中率もそんなに高くありません。

自信がないレースで本命狙いをする時は、出来るだけ購入点数を減らして1点100円の最低ベッドにしておきましょう。

そうする事で舟券がハズれた時のダメージを最小限に抑える事が出来ます。しかし、出来れば自信がないレースは舟券を購入しないようにしてください。

「前レースの負け分を取り戻すために次レースで多めに賭ける」のは冷静さを失っている証拠です。

負けたレースの次に賭けようと思っていたレースが自信のあるレースであれば多めに賭けても問題ありません。

しかし、負け分を取り戻す事が目的になった追加投資は負けが増える可能性が高いのでご法度です。

他の公営ギャンブルよりも的中率は高い競艇ですが、予想が上手な人の本命狙いでも3連単の的中率は30~40%程度となっています。

本命狙いの予想がハズれてもムキにならずに当たったらラッキー程度で冷静さを失わないように心掛けてください。

穴狙いで増やすのはギャンブル性が高い

穴狙いでお金を増やすには軍資金1万円はかなり心許ないと言えます。

中穴と呼ばれる払戻オッズ「50.0倍」や万舟と呼ばれる払戻オッズ「100倍以上」を狙う時は買い目を広げる事が必須となるからです。

穴狙いは「穴を取りこぼさない」事が最も重要なので自然と購入点数が20点以上になります。

購入点数が20点の場合でも軍資金1万円では5レースしか購入する事が出来ません。

風が強いレースやインコースが弱いレース場を選んでも5レースで舟券を的中させるのはかなり困難です。

上記の理由から軍資金1万円の穴狙いでお金を増やすのはオススメしません。

まとめ

軍資金1万円を競艇で増やすには本命狙いがオススメです。

1号艇が1着になる可能性が高いレースを選んだり、購入点数を絞ったりする事でコツコツとお金を増やしていく事が出来ます。

100%お金が増える事はありませんが、軍資金1万円で穴狙いをするよりは成功率が高くなっています。

少ない軍資金で競艇を遊びたい、お金を増やしたいという方は今回の記事を参考にした舟券購入を試してみてはいかがでしょうか。