競艇は競馬よりも安定したお金を稼ぐチャンスがあります。月に5万円〜10万円のお金を稼ぎたい!お小遣いを増やしたいと思っている方も多いと思います。

ギャンブルなので、必ず勝てる方法はありませんが、勝率を上げることはできます。結論から言うと、月に10万円稼ぐことは可能です。

この記事では、月に10万円を稼ぐための基本的な方法、考え方について解説していきます。

一号艇をメインに予想する

これは金額に関わらず、競艇は一号艇を当てるレースです。一号艇が勝利する確率は約50%なので、この確率を75%以上まで上げられれば月間勝率が上がります。

競艇は内側が圧倒的に有利なので、一号艇を軸にした予想を行いましょう。一号艇を当てながら、2着、3着を当てる方法です。

毎日100レース以上行われているので、一号艇を当てることはそれほど難しいことではありません。

月に10万円を稼ぐ基本的な方法

月に10万円を稼ぐには下記の内容が重要です。

  • 3連単の予想しかしない。
  • 自信のあるレースだけ勝負する。
  • 風が強いレースは避ける。
  • 一番人気以外で当てる。
  • 競技場の特徴を見極める。
  • 負けた日は負けを認める。

簡単に言うと、10万円を稼ぐには自信のあるレースだけ勝負する必要があります。稼げない人は、なんでもかんでもレースの予想を購入してしまいます。

そして、勝った日は勝ちで終わる癖を付けましょう。人間は負けても、勝っても予想が乱れます。

勝っているから穴を狙おう。負けているから、取り返したいなど。

負ける日は負けを認めること。勝つ日は勝ちで終わること。

シンプルですが、月に10万円を稼ぐために大切なことです。

競艇で稼ぐ方法はこちらで詳しく解説しています↓

【2020年版】競艇で稼ぐ方法!中穴を狙った競艇の稼ぎ方を解説

負けても大穴狙い+博打をしない

ここからは勝ち方ではなく、負け方のお話です。月に10万円を稼ごうとすれば、月に10万円以上負ける可能性もあります。

仕事とは違い、ギャンブルなので、負けることも想定をしておく必要があります。競艇はメンタルの戦いと言っても過言ではありません。

例えば下記のAさんとBさんを比較してみましょう。

Aさん

安定的に予想を的中させることができるが、一度負けると大穴狙い、一発逆転の予想に走ってしまう。掛け金も大きくなり、勝ち金額を一気に減らしてしまう。

Bさん

負けても、買っても一定の予想方法を実践する。負けが続いても冷静な予想ができるので、ドツボにはまる心配はない。

このAさんとBさんを比較すると、Bさんの方が圧倒的に勝率が高くなります。月間通して負けが続くことは必ず誰もが経験します。

そこで、熱くなってしまうと勝ち金を一気に減らしてしまいます。

10万円を稼ぐ具体的な事例

土日だけのレースを買う場合
月に8日競艇の予想を購入する。
負けても、勝っても1万円前後に抑える。
日別の勝率を5割以上まであげる。
最初は月に5万円の勝率を目指す。
毎日レースを購入する場合
月に25日程度競艇の予想を購入する。
負け金、勝ち金の平均を5,000円程度にする。
コツコツ勝ちを積み重ねて、負けも認めるメンタル。
月に5万円以上目指した結果、10万円になるのが理想的。

まとめ

この記事では競艇の予想で月に5万円から10万円稼ぐ方法について解説をしてきました。上記の内容を理解して、実践を繰り返しながら予想の的中率を上げていきましょう。

正直、プロの予想屋でも負けるのが競艇の世界です。しかし、負ける人には負ける人の理由があります。10万円を稼ぐためには、負けない戦い方、予想を実践してきましょう。

競艇の負けない買い方はある?負けレースを減らす方法