競艇・ボートレースには、3連単が全部で120通りと競馬と比較すると当てやすいといった特徴があります。

的中率が高いので「1日1000円ぐらいなら簡単に儲かるんじゃないの?」と考えた事がある人も多いですよね。

しかし、結論から言うと、競艇で1日1000円稼ぐことは難しいです。

今回は、競艇で1日1000円儲けるのが難しい理由を解説します。

競艇の還元率は約75%

競艇で1日1000円儲けるのが難しい理由の1つとして「競艇の還元率が約75%」となっている事が挙げられます。

各レースの売上を100%として、最初に施行者(レース場)が25%を持っていきます。この25%は、利益だけではなく選手に支払う賞金やレース場の維持費等に充てられます。

残りの75%を人気順にオッズとして振り分けている事から還元率が約75%となります。

還元率は言い換えると「回収率」や「期待値」となります。

1日や数日程度であれば回収率が100%を超える事は多々あります。

しかし、舟券を購入する回数が増えれば増える程、回収率は75%に収束していく事から競艇で1日1000円儲け続けるのは難しくなっています。

競艇は当てやすいが、儲けるのが難しい

競艇は、競馬や競輪と比べると1レースに出走する挺が少ないといった特徴があります。

1レースに出走する挺は基本的に6挺なので、最も当てる事が難しい3連単でも1/120の確率で当てる事が可能です。

さらに、各レースに出走する選手・モーターの調子の善し悪しを展示航走や展示タイムで確認する事が出来るので、調子の良い選手・モーターに絞ればさらに的中率を上げられます。

また、フライングスタート方式を採用している競艇は、1コースが圧倒的に有利なので1コースの選手を絡めた舟券にする事でも的中率を上げられます。

ここまでの情報だけ聞くと「舟券を当てるのって意外と簡単じゃない?」と感じる人も多くいると思います。

しかし、調子の良い選手・モーター情報の判断方法や1コースが有利だという事は競艇ファンの間では常識となっています。

ほとんどのレースは、1号艇が絡むオッズが低くなっています。特に1号艇に実力のあるA1級選手が乗る場合は、3連単オッズなのに10倍を下回る事も珍しくありません。

1着を1号艇のみに絞って2着3着を全通り購入する際の購入点数は20点となります。1着1号艇固定の残り全通りを購入すれば、そこそこの確率で舟券は的中します。

しかし、1着1号艇の場合の払戻オッズの多くが10倍前後です。20点購入してせっかく舟券を的中させてもオッズが20倍を超えていないと払戻金額が購入金額を下回る所謂トリガミになってしまいます。

さらに、1号艇が1着を取ればトリガミになっても多少はお金が返ってきます。しかし、1号艇が1着以外になると購入した20点全てがマイナスになるといったリスクが出てきます。

20点のマイナスをリカバリーするには次のレースでさらに大きな金額を賭ける必要が出てくるので、1日1000円を稼ぐために

「1-全-全」の舟券を購入するのは無謀といえます。

連続でハズレが続くと当日のプラスが難しい

競艇歴が長いベテランファンの人でも的中率は50%未満です。ほとんどの人の的中率は、20~30%程度と言われています。

各レース場は、1日12レース行われているので全レースで舟券を購入した場合、平均的中率であれば3レース前後しか当たらない事になります。

当たった3レースが万舟(払戻オッズが100倍以上)であれば当日プラスも簡単ですが、競艇のレースの多くは10~30倍程度の払戻オッズとなっています。

1レース目にそこそこ高い払戻オッズが当たれば1000円分の勝ちを確保した状態で他のレースの舟券を購入する事が可能です。

しかし、1レース目を舟券を外すとそれ以降のレースでは「1日1000円を儲ける」のではなく「マイナスを取り戻す」事を優先しなければいけません。

運良く2レース目の舟券が当たり、1レース目のマイナスを回収出来れば3レース目から目的を「1日1000円儲ける」に戻す事が出来ますが、2レース目も外すとさらに泥沼にハマっていく事になります。

早い段階で1000円以上のプラスを獲得していないと中盤~終盤で大きな勝負に出る必要が出てきます。

平均的中率から考えると「競艇で1日1000円儲ける」のがどれだけ難しいかわかってきますよね。

出やすい出目のみに絞った舟券購入も結局はマイナスになる

競艇は、1コースの1着率が「50%前後」、2コースで「15%前後」と内側から1着率が高くなっていて最も外側からスタートする事になる6コースは「2%前後」となっています。

内側が有利だという特徴がある事から「出やすい出目」が存在します。

全24場で最も出やすい出目が「1-2-3」です。しかし、最も出やすい出目といっても全体の「10%弱」で10回に1回出れば良いレベルの確率となります。

しかも、「1-2-3」の平均払戻金は、他の出目と比べるとかなり低く1000円を切る事の方が多くなっています。

10回に1回当たるかどうかの出目を信じて舟券を購入し続けて、運良く当たったとしても配当金が1000円を下回っていてばかりでは儲ける事が出来ませんよね。

また、「1-2-3」だけではなく出やすい出目として有名な「1-2-全」を毎回購入するといった方法もあります。

しかし、「1-2-全」も出やすいだけで必ず出るわけではありません。「1-2-全」の4点を購入しても的中率は20%に届くかどうかになります。

さらに、上記で何度か解説した通り、購入点数が増えると外した時のマイナスのリカバリーが難しくなる事から出やすい出目に絞った舟券購入も儲ける事は出来なくなっています。

競艇で1日1000円を勝つ方法は?

最初に説明した通り、1日や数日であれば毎回1000円以上の儲けを得る事も珍しくありません。

しかし、1ヶ月や半年、1年といった長いスパンで見た時に1日1000円勝つのはかなり難しくなっています。

競艇の還元率・回収率の平均は約75%なので、理論的に言えば舟券は買えば買う程、回収率が投資額の75%に近づいていきます。

「長いスパンで見た時に競艇で1日1000円を儲け続けるためのハードルってどれくらいなのか?」という疑問が浮かびますよね。

競艇で回収率100%を超えている人の多くは、的中率が40%を超えています。

的中率40%となると平均的中率よりも10%以上も高い事となります。

しかも的中率が40%を超えると回収率がようやく100%を少し上回る程度に到達します。

回収率は「(払戻金額/舟券購入金額)×100」となるので人によって異なりますが、1日1000円を儲けるだけでもかなり苦労しそうだと理解出来ますよね。

まとめ

短期間であれば競艇でも1日1000円儲ける事は可能です。

しかし、舟券を購入する回数(機会)が増えれば増える程、回収率は100%を下回りやすくなっているので競艇で安定して1日1000円儲ける事は不可能と言えます。

第2章 第1節 「稼ぐ力」の中身 – 内閣府